先に登場したアルカナと同様、ルノー独自のフルハイブリッド

 日本ではルーテシア、フランスではクリオの初代が登場したのは1990年で、初めてルノー・ルーテシアに乗ったのは、1991年7月にサイパンで行われた初の試乗会でした。もちろんその後のルーテシアは、今日に至るまで全てを試乗して、現在では31年が経過、現行モデルは2019年にジュネーブモーターショウ登場した5代目で、日本では2020年から販売が開始された。言うまでもなく、ルーテシアは競争の激しいBセグメントに属するコンパクト・ハッチバックとして、好成績を収め、1991年と2006年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、特に4代目は6年連続ナンバーワンを獲得、さらに現行の5代目は多くの点で高性能なコンパクトカーへと進化をしている。もちろん、多く存在するBセグメントのハッチバックとしてはダイナミックかつスポーティな流れるようなスタイリングも魅力的だ。
 その5代目ルーテシアに2モーター式のハイブリッドパワートレインを搭載したルーテシアE-TECHハイブリッドが2022年1月に発表され、6月30日から日本でもラインナップに加わった。E-TECHハイブリッドは先に登場したSUVクーペのアルカナと同一パワートレインで、F1で培ったノウハウを活かしてルノーが独自で開発したことで話題になった輸入車では唯一のフルハイブリッドユニットということになる。メインモーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)に1.6リットル4気筒自然吸気エンジンを組み合わせ、トランスミッションは電子制御ドッグクラッチによって変速し、モーター側に2つ、エンジン側に4つのギアを備えることで12通りの変速比を持ち、それぞれのパワーは、メインモーターが49ps(36kW)&205Nm、HSGは20ps(15kW)&50Nm、そして4気筒エンジンは91ps(67kW)&144Nmと、アルカナに対して、3ps/4Nmほど、わずかに下回るのみで、パワー&トルクはほぼ同等と思っていい。それに加えて、車重が160kgほど軽く、ギアボックスのレシオはハイギアード化され、よりパワフルな走行性や燃費効率が期待できる。実際、燃費はWLTCモードでガソリン仕様の17.0km/LからE-TECHハイブリッド25.2km/Lまで伸びて、輸入車としてはトップレベルである。
 さらに、特徴的なのは、ルノー・日産・三菱のアライアンスによって設計されたCMF-Bプラットフォーム採用してることで、軽量かつ高剛性、ハイパワーなエンジンに対応し、フランス車らしいしなやかさと正確なハンドリングを実現、NHVと安全性にも対応し、これまでのルーテシアでも、こうした魅力的な走行性を体感できる。それに加えて、ハイウェイ&トラフィックジャムアシストやアクティブクルーズコントロール、レーンセンタリング・システム、360度カメラ、オートハイ/ロービーム、パーキングセンサーなど、先進かつ高レベルな運転支援システムのほか、多くの先進的予防安全システムを備え、Bセグメントとしては多くの点でクラス最高レベルと言える。
 今回試乗したのは、ルーテシアE-TECHハイブリッドのイメージカラーと言えるブルーアイロンメタリックで、15万円のE-TECH専用オプション、レザーパックを装着、ブラックダッシュボードとなる。
 ボディカラーがブルーアイロンMとノワールエトワールMのインテリアは、ブラックで統一され、レザーパックがオプションで、フロントシートにはヒーター機能が付き、運転支援やオーディオ関連のスイッチが付いたステアリング・ホイールが際立ち、リアシートは3人掛けで、コンパクトなボディの割には余裕のある空間が美点である。またセンターには7インチのタッチスクリーンが備わり、Apple CarPlayやAndroid Autoといったアプリを介したスマートフォンとのリンクや、Googleアシスタントを使っての音声入力なども可能となっている。
 試乗コースは、横浜、川崎付近市街地と、都市高速で、いろいろなシチュエーションで存分にテストすることができました。ルーテシアはこれまでの5世代すべてのモデルに乗ってきましたが、コンパクトなハッチバックでありながら、多くのライバルに比べて完成度は高く、特に2012年からの4代目、現行の5代目はしなやかかつ剛性感の高い乗り心地の良さや、しっかりとした運動性能など、フランス車らしさが際立ち、これをハイブリッド化すれば、さらに期待することができる。先に触れたように、アルカナと同じ160psのエンジンを搭載して、ギアレシオをハイギアード化、アルカナより車重が160kgも軽く、全高が110mmも低いから重心が低く、パワフルかつスポーティな走行性能を期待できる。
 走り出してまず感じるのは、スタート時から40㎞/h程度まで低速域での市街地走行は、基本的にモーターでの走行で、スムーズかつ俊敏な加速感や軽快感を楽しむことができる。もちろんさらに速度を上げていくとエンジンが始動するが、変速も含めてスムーズな感触に大きな変化はない。メーターパネルの表示を見るとエンジンとモーターの走行状態を確認できます。説明では40km/h以下の低速域はモーター、40-80km/hの中速域はハイブリッド、さらに高速域では加速時にはモーターのアシストが入るが、基本的にはエンジンのみで走る。実際に都市高速で、スロットルペダルを踏み込めば、スムーズに力強く加速していく。もちろん、コーナーでは、前後バランスの良さが際立ちステアリングを切り込むと、ノーズが俊敏に内側を向き、ボディのロールもよく抑えられ、ステアリング・フィールにはダイレクト感があり、ナチュラルで気持ちの良いコーナリングフィールは、素晴らしく、アルカナE-TECHハイブリッドより、はるかにスポーティに感じる魅力的なコンパクト・ハッチバックである。

スペック
ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド

ボディサイズ:全長×全幅×全高=4075×1725×1470mm
ホイールベース:2585mm
車重:1310kg
定員:5名
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:4段AT(エンジン用)+2段AT(モーター用)
エンジン最高出力:91PS(67kW)/5600rpm
エンジン最大トルク:144N・m(14.7kgf・m)/3200pm
メインモーター最高出力:49PS(36kW)/1677-6000rpm
メインモーター最大トルク:205N・m(20.9kgf・m)/200-1677rpm
サブモーター最高出力:20PS(15kW)/2865-1万rpm
サブモーター最大トルク:50N・m(5.1kgf・m)/200-2865rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88H XL/(後)205/45R17 88H XL
燃費:25.2km/リッター(WLTCモード)
車両価格:標準モデル=329万円/テスト車=344万円

画像1: スペック ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド
画像: 歴代ルーテシア、1番奥が初代、ゴールドが2代目、手前のブルーが3代目で、レッドが4代目。

歴代ルーテシア、1番奥が初代、ゴールドが2代目、手前のブルーが3代目で、レッドが4代目。

画像: テールランプの下側に「E-TECH HYBRID」専用のエンブレムを装着。

テールランプの下側に「E-TECH HYBRID」専用のエンブレムを装着。

画像: いわゆるパイプレスデザインのリアバンパーを装着するE-TECHハイブリッドの特徴的なリアスタイル。

いわゆるパイプレスデザインのリアバンパーを装着するE-TECHハイブリッドの特徴的なリアスタイル。

画像: Bセグメントのハッチバックとしてはダイナミックかつスポーティな流れるようなスタイリングが魅力的、ボディサイズは、全長×全幅×全高:4075×1725×1470mm、ホイールベース2585mm、車両重量1310kg。

Bセグメントのハッチバックとしてはダイナミックかつスポーティな流れるようなスタイリングが魅力的、ボディサイズは、全長×全幅×全高:4075×1725×1470mm、ホイールベース2585mm、車両重量1310kg。

画像: 試乗車のボディカラーはブルーアイロンM。このほかルージュフラムMやノワールエトワールメタリックM、オランジュバレンシアM、ブラングラシエの全5色がラインナップされる。

試乗車のボディカラーはブルーアイロンM。このほかルージュフラムMやノワールエトワールメタリックM、オランジュバレンシアM、ブラングラシエの全5色がラインナップされる。

画像2: スペック ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド
画像3: スペック ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド
画像4: スペック ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド
画像: E-TECHハイブリッドはメインモーターである E-モーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2つのモーター、1.6リッター直列4気筒自然吸気ガソリン・エンジン、そしてこれらを繋ぐトランスミッションの電子制御ドッグクラッチマルチモード ATで構成され、メインモーターが49ps(36kW)&205Nm、HSGは20ps(15kW)&50Nm、そして4気筒エンジンは91ps(67kW)&144Nmを発生。

E-TECHハイブリッドはメインモーターである E-モーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2つのモーター、1.6リッター直列4気筒自然吸気ガソリン・エンジン、そしてこれらを繋ぐトランスミッションの電子制御ドッグクラッチマルチモード ATで構成され、メインモーターが49ps(36kW)&205Nm、HSGは20ps(15kW)&50Nm、そして4気筒エンジンは91ps(67kW)&144Nmを発生。

画像: 17インチのアルミホイールは名称は「VivaStella」で、コンチネンタルのエコタイヤ「エココンタクト6」の205/45R17 88H XLを前後に装着。

17インチのアルミホイールは名称は「VivaStella」で、コンチネンタルのエコタイヤ「エココンタクト6」の205/45R17 88H XLを前後に装着。

画像: 運転支援やオーディオ関連のスイッチが付いたステアリング・ホイールと、インパネ上部に7インチマルチメディアEASY LINKを標準装備する。画面左側の車両の画像をタッチすると「エコ」「スポーツ」「マイセンス」の3種類ドライブモードが選ぶことができる。ナビゲーションシステムはオプションとなる。

運転支援やオーディオ関連のスイッチが付いたステアリング・ホイールと、インパネ上部に7インチマルチメディアEASY LINKを標準装備する。画面左側の車両の画像をタッチすると「エコ」「スポーツ」「マイセンス」の3種類ドライブモードが選ぶことができる。ナビゲーションシステムはオプションとなる。

画像: メーターは、モーターやバッテリーの状況などをリアルタイムで表示して、液晶を使ったデジタルメーターは、E-TECHハイブリッド専用デザインとなり、様々な設定が可能である。

メーターは、モーターやバッテリーの状況などをリアルタイムで表示して、液晶を使ったデジタルメーターは、E-TECHハイブリッド専用デザインとなり、様々な設定が可能である。

画像: ボディカラーが「ブルーアイロンM」と「ノワールエトワールM」はブラックダッシュボードが組み合わさられ、それ以外はライトグレーのダッシュボードとなり、レザー巻きのステアリングも魅力的。さらに、試乗車は、レザーシートとヒーターを組み合わせたオプションの「レザーパック」を装着。標準仕様はファブリックとレザー風の人工皮革になります。

ボディカラーが「ブルーアイロンM」と「ノワールエトワールM」はブラックダッシュボードが組み合わさられ、それ以外はライトグレーのダッシュボードとなり、レザー巻きのステアリングも魅力的。さらに、試乗車は、レザーシートとヒーターを組み合わせたオプションの「レザーパック」を装着。標準仕様はファブリックとレザー風の人工皮革になります。

画像: コンパクトなBセグメントセグメントでありながら、ゆったりとしたリアシートは魅力的だ。3人掛けで、足元空間や前席下がたっぷりしているのが「ルーテシア」の美点だ。

コンパクトなBセグメントセグメントでありながら、ゆったりとしたリアシートは魅力的だ。3人掛けで、足元空間や前席下がたっぷりしているのが「ルーテシア」の美点だ。

画像: ラゲッジルームのフロア下部にリチウムバッテリーを搭載しながら、ガソリンモデルと変わらないように見える広さを実現したラゲッジルーム。実際のスペックではガソリンモデルは391リッター、E-TECHは300リッターとなっている。

ラゲッジルームのフロア下部にリチウムバッテリーを搭載しながら、ガソリンモデルと変わらないように見える広さを実現したラゲッジルーム。実際のスペックではガソリンモデルは391リッター、E-TECHは300リッターとなっている。

This article is a sponsored article by
''.