画像: インドネシアのちょっと旧いクルマ達

インドネシアのちょっと旧いクルマ達

インドネシアの街中のクルマを見ていると、最近の車に混じって意外と旧い車達も走ってたりします。
これは現地車のトヨタキジャンの2代目ですかね。 今日丸目の初代も見たのだけど写真取れず。
こちらは3代目キジャン。 2003-2005年まで最初に駐在してた時の家庭用車でした。
同世代のいすゞパンサー
テラノは今でも結構よく見ます。
このサニーも懐かしい。
カローラ。 写真無いですが、EP81スターレットも結構見ます。
これはソルーナという現地のカローラ。同じく前回駐在時に運転手付きで通勤の足で使ってました。
アコードかな。
スポイラーが勇ましいミラージュも。
マツダファミリア(323)
マツダファミリア(323)のもっと旧いのも。 ナンバーが無いけど...
フォードレーザーでしょうかねぇ。
スポコンなカルタスクレセント。
この世代のギャランも時々見ます。
なんと! 家の近くでシャレードに遭遇!
こちらはカルタスセダン。
ダイハツラガーやロッキーも結構走ってます。
こちらはランクルかな。
これもかなり年季が... 現役なんだろか。
次いで輸入車編。
メルセデスが一番多いですね。 W124は時々見ますね。
W123も時々見ますね。
BMWはE36の3シリーズを結構見ます。
ボルボ940セダン。 最近のボルボは見ないんですけどね。
先日バリに行った時にワーゲンタイプ181の集まりに遭遇しました。 初代ビートルも時々見ます。
最後に一番驚いたのがこれ!
家の近くに旧いレンジローバーが居ることは以前から車窓から見てましたが、今日徒歩で観に行ってみると、何と6輪!!!!!!
クラシックレンジにこんな仕様あるの初めて知りました。 隣もディフェンダーだし、レンジマニアですね。
これ、近所の別のレジデンスの中で、金網越しに映したので、これ以上近寄れませんが、オーナーにお会いしたい(笑)

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.