フィアットブランド初となるバッテリー式EV自動車を2020年にワールドプレミアしたのがFIAT500eであり、言うまでもなく、フィアット、アルファロメオ、アバルト、ジープなどを輸入販売するFCAジャパンと、プジョー、シトロエン、DSオートモビルなど輸入販売するPSAグループジャパンが2022年3月1日に事業を統合し、新会社としてStellantisジャパンを設立、2022年4月5日に日本への導入を発表した。こうした流れの中で、注目すべきはNUOVA500や歴代500をモチーフにしたアイコニックなモダンかつキュートな流れを汲んだデザインが際立つことだ。

画像: フィアット初の電気自動車
FIAT500e

 1936年に登場した初代500はイタリア語で「ハツカネズミ」を意味する「トッポリーノ」のネーミングで親しまれ、第2次大戦後の1955年までに系列車両であるA、B、Cが約60万台生産され、コンパクトカーとして世界的に大きな成功を収めた。

 その後継として1957年に登場したのが、FIAT NUOVA 500、いわゆる新型フィアット500で、2007年に発表され今日まで継続するFIAT500はそのイメージを強調するキュートなスタイルが特徴的である。NUOVA500がRRであったのに対して、駆動方式をFFに変更され、多くのバリエーションを送り出し、マイナーチェンジを繰り返しながら、今日に至り、コンパクトカーとして多くの成功を収めている。

画像: 手前にあるのが2007年に登場して2009年にマイナーチェンジ、500Cになった現行モデルで、その奥にあるのが1957年に500トッポリーノの後継として1957年に登場したNUOVA500で、この2台のDNAを継承している。

手前にあるのが2007年に登場して2009年にマイナーチェンジ、500Cになった現行モデルで、その奥にあるのが1957年に500トッポリーノの後継として1957年に登場したNUOVA500で、この2台のDNAを継承している。

画像: ボディバリエーションは3ドアハッチバックと電動開閉式ソフトトップ・カブリオレの2車種で、ラインナップは、3ドアハッチバックが、500e Popと500eIconの2グレードで、カブリオレが500e Openとなる。

ボディバリエーションは3ドアハッチバックと電動開閉式ソフトトップ・カブリオレの2車種で、ラインナップは、3ドアハッチバックが、500e Popと500eIconの2グレードで、カブリオレが500e Openとなる。

 そのDNAを継承した500eのボディサイズは全長3630mm×全幅1685mm×全高1530mm、現行モデルより若干大きいが日本の道路環境で扱いやすいコンパクトさはそのまま継承している。ボディバリエーションは3ドアハッチバックと電動開閉式ソフトトップ・カブリオレの2車種で、ラインナップは、3ドアハッチバックが、500e Pop(450万円)、500e Icon(485万円)、500eOpen(495万円)の3車種で、とくにカブリオレは電気自動車としては唯一無二の存在であり、EVならではの静かで滑らかな走行性とオープンエアの快適性を体感できる。

画像: 500eのスタイリングは現行500とあまり変わらないように見えるが、プラットフォームは専用になり、ボディサイズは全長3630mm×全幅1685mm×全高1530mmと、ひとまわり大きくなっている。

500eのスタイリングは現行500とあまり変わらないように見えるが、プラットフォームは専用になり、ボディサイズは全長3630mm×全幅1685mm×全高1530mmと、ひとまわり大きくなっている。

 さらにグリルのないフロントマスクには500のロゴの末尾0をeにしたエンブレムが際立ち、多くの運転支援システムを備え、先行車だけでなく、歩行者や自転車も検知可能な衝突被害軽減ブレーキ、車線から外れそうになるとハンドルの振動や警告音で注意を促すレーンデパーチャーワーニング、リアパーキングカメラ(ステアリング連動ガイドライン付)、オートマチックハイビームなどを装備して、これまでの500のDNAを多くの点で継承しながら、新世代の電気自動車として生まれ変わっていると思っていい。

画像: グリルのないフロントマスクには500のロゴの末尾0をeにしたエンブレムが際立つ。

グリルのないフロントマスクには500のロゴの末尾0をeにしたエンブレムが際立つ。

 さらに、乗り込んで心地良いのはイタリアンなインテリアだ。フィアットのロゴをあしらったモノグラムのシート表皮、トリノの街並みが描かれたスマートフォントレイ、ドアハンドル底面にあしらわれた「Made in Torino」の文字やNuova 500のイラストレーションなど遊び心のある雰囲気が目をひく。
インストゥルメントパネル中央には10.25インチの「Uconnectディスプレイ」が配され、純正ナビゲーションを内蔵、AppleCarPlayやAndroid Autoにも対応している。

画像: インストゥルメントパネル中央には10.25インチの「Uconnectディスプレイ」が配され、純正ナビのほか、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応し、モーターの作動状況をはじめ様々な情報を掲示する。

インストゥルメントパネル中央には10.25インチの「Uconnectディスプレイ」が配され、純正ナビのほか、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応し、モーターの作動状況をはじめ様々な情報を掲示する。

画像: フィアットのロゴをあしらったモノグラムのシート表皮やトリノの街並みが描かれたスマートフォントレイ、ドアハンドル底面にあしらわれた「Made in Torino」の文字やNuova 500のイラストレーションなど遊び心のあるイタリアンな雰囲気が魅力的な500e Iconのインテリア。

フィアットのロゴをあしらったモノグラムのシート表皮やトリノの街並みが描かれたスマートフォントレイ、ドアハンドル底面にあしらわれた「Made in Torino」の文字やNuova 500のイラストレーションなど遊び心のあるイタリアンな雰囲気が魅力的な500e Iconのインテリア。

 搭載するパワーユニットは全モデル共通で、最高出力87kW(118ps)、最大トルク220Nmの電気モーターを搭載。42kWhのリチウムイオン・バッテリーパックを床下に配置して低重心で、優れた重量バランスを実現。コンパクトEVでありながら、航続可能距離は、最大335km(WLTC)を達成。充電は単相交流200V用の普通充電と、付属のCHAdeMOアダプターを介した急速充電に対応する。

画像: 充電は単相交流200V用の普通充電と、付属のCHAdeMOアダプターを介した急速充電に対応する。

充電は単相交流200V用の普通充電と、付属のCHAdeMOアダプターを介した急速充電に対応する。

 今回試乗したのはエントリーモデルで受注生産の500eポップで、走り出して、まず感じるのは、全体的に質の高い走行性だった。
まず、スタートボタンを押すとシステムが起動、シフトは「P」「R」「N」「D」のセレクターボタン押して選ぶ。走行モードシステム「e-モードセレクター」は3種類で、「NORMAL」ではペダル応答性が高く、エンジン車のようなドライブ感覚を楽しめるという。「RANGE」
では、回生ブレーキの効きが強まり、アクセルペダルを離しただけでブレーキを掛けたような強い減速が得られる。「SHERPA」は、アクセルレスポンスの制御やシートヒーターのオフなどによりエネルギー消費を極力抑え、航続距離を最大化するエコモードとなっている。当然RANGEモードで「D」ボタンを押してアクセルを踏み込んでいくと、滑らかに発進して、アクセルを緩めると、程よくブレーキがかかり、EVに乗っていることを感じさせてくれる。先に触れたようにNORMALモードを選ぶとガソリンエンジン車と同じような運転感覚であることも魅力的で、このふたつのモードの最高速度は時速150㎞に設定され、高速巡行も快適である。バッテリー容量は42kWhで、最大航続距離はWLTCモードで335㎞とコンパクトなEVとしては優秀で、普通充電と急速充電に対応している。試乗車に乗り始めた時は、バッテリー残量が92%で、残存航続距離が268㎞だったが、今回の試乗で、横浜市街地をメインに若干高速を走って、23.9㎞走行、平均速度が14㎞/hで、走行時間が1時間40分、結果残量は88%、航続距離244㎞と、実用的と言える。もちろん速度を上げれば、航続距離は少なくなるが、日常的な使用なら実用的だと思う。

画像: センタークラスターの下端に位置するボタン式のシフトセレクター。シフトは「P」「R」「N」「D」のセレクターボタン押して選ぶ。

センタークラスターの下端に位置するボタン式のシフトセレクター。シフトは「P」「R」「N」「D」のセレクターボタン押して選ぶ。

画像: 今回試乗したのはエントリーモデルで受注生産の500eポップで、走り出して、まず感じるのは、全体的に質の高い走行性だった。

今回試乗したのはエントリーモデルで受注生産の500eポップで、走り出して、まず感じるのは、全体的に質の高い走行性だった。

画像: リアスタイルもキュートで、500のDNAが生かされている。

リアスタイルもキュートで、500のDNAが生かされている。

画像: 500e Popのタイヤサイズは上級モデルよりひとサイズ小さく、195/55R16を装着。500e Iconと500e Openは205/45R17を装着する。

500e Popのタイヤサイズは上級モデルよりひとサイズ小さく、195/55R16を装着。500e Iconと500e Openは205/45R17を装着する。

 さらにコンパクトカーとは思えないほど乗り味は上質で、高級感のある室内に収まり、走り出した途端に、しなやかな足回りが際立ち、全長わずか3630㎜のシャシーとは思えないほどの快適性に驚かされる。EV車であれば、当然フロア下のバッテリーの重量があり、ボディサイズに対して、1320kgの車重はけして軽くはないが、それを有効活用していると言える。もちろんハンドリングもイタリアンで、スポーツライクな感覚も備えている。

 要するに、歴代500のDNAを受け継ぎながら、モダンなスタイルやデザインと、コンパクトカーとは思えないほどの快適性や先進安全性を備え、電気自動車としての多くのメリットを生かして、イタリアンとしての魅力を前面に打ち出していると言えば、イタリア好きにとって、魅力的だと言える。しかも、2020年3月にはイタリアで、EVになった新型のワンオフモデルとして、500eジョルジオ・アルマーニを発表しているが、いかに魅力的か理解できる。

画像: 500e Iconのインテリアに対して、500e Popのインテリアは若干シンプルだが、イタリアンな魅力は変わらない。

500e Iconのインテリアに対して、500e Popのインテリアは若干シンプルだが、イタリアンな魅力は変わらない。

スペック
フィアット500ePop
ボディサイズ:全長×全幅×全高=3630×1685×1530mm
ホイールベース:2320mm
車重:1320kg
駆動方式:FWD
モーター:交流同期電動機
最高出力:118PS(87kW)/4000rpm
最大トルク:220N・m(22.4kgf・m)/2000rpm
タイヤ:(前)195/55R16 /(後)195/55R16 

一充電走行距離:335km(WLTCモード)
交流電力量消費率:128Wh/km(約7.8kWh/km、WLTCモード)
価格:450万円

画像: 500e Openは電動開閉式ソフトトップを備えたカブリオレで、快適性が高い。

500e Openは電動開閉式ソフトトップを備えたカブリオレで、快適性が高い。

画像: 室内からのドアを開く際はスイッチを押してスムーズにオープン。コンパクトカーとは思えないシステムを採用している。

室内からのドアを開く際はスイッチを押してスムーズにオープン。コンパクトカーとは思えないシステムを採用している。

画像: 搭載するパワーユニットは全モデル共通で、最高出力87kW(118ps)、最大トルク220Nmの電気モーターを搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は42kWhで、最大航続距離は335㎞を実現。駆動方式はフロントのモーターで前輪を駆動する“。

搭載するパワーユニットは全モデル共通で、最高出力87kW(118ps)、最大トルク220Nmの電気モーターを搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は42kWhで、最大航続距離は335㎞を実現。駆動方式はフロントのモーターで前輪を駆動する“。

画像: トランクルームもそれほど大ききはないが、これも500の特徴のひとつと言える。

トランクルームもそれほど大ききはないが、これも500の特徴のひとつと言える。

画像: 今回の試乗では、横浜市街地をメインに若干高速を走って、23.9㎞走行、平均速度が14㎞/hで、走行時間が1時間40分、結果残量は88%、航続距離244㎞と、メーターには正確に表示される。

今回の試乗では、横浜市街地をメインに若干高速を走って、23.9㎞走行、平均速度が14㎞/hで、走行時間が1時間40分、結果残量は88%、航続距離244㎞と、メーターには正確に表示される。

This article is a sponsored article by
''.