画像: IIMSインドネシアモーターショー2022

IIMSインドネシアモーターショー2022

赴任早々にIIMSというモーターショーが開催され、見学をする事が出来ました。^_^
インドネシアには、GIIASと今回のIIMSという2つのショーがあり、前者はどちらかというとコンセプトカー等先進技術のPR多めのもの、今回の後者は量産車メインのようですが、韓国、中国勢がEV、PHEVを積極的に展示してるのに対し、日本勢はガソリン車メインで電動車(ハイブリッドさえも)の出展は殆ど無し。
当地は日本車天国なのですが、近年ジワジワと増えつつある韓国車、中国車の勢いを感じたショーでした。
先ずは三菱...のお姉様から。^_^
三菱は当地では結構人気があるのですが、このエキスパンダーというモデルが大ヒットしたのが大きいですね。 内装も結構いいですし、商品力は高そう。
もう一台のメイン車種はパジェロスポーツ。 これは日本でもかつてチャレンジャーの名前で売られてたモデルですね。
コンパニオンも将来はバーチャルに?
お次はスズキ。
推しはこのちょっと大きな7シーターのXL7と
エルティガというミニバン。 当地ではミニバンでもヒンジドアがメインなのですが、日本ではすっかりなくなってしまいましたね。
お次はホンダ。こちらもすっかりSUVがメインでしたね。 こちらは小型のBR-V。プレーン内装デザインでいい感じ。
発売したばかりのヴェゼルはこちらではHR-Vという名前で。 なかなか注目を浴びてました。
こちらはAセグメントのブリオというモデルですが、RSのバッヂが。 聞いたところ普通のエンジンっぽいし、AMGラインのようなものかな?
小型SUVのRSコンセプトも。噂のフィットベースのSUVですかね。
トヨタは、事前告知のあった当地での最量販車種の一つであるキジャンイノーバのEVが何故か展示されておらず...
C+podとプリウスPHEVの展示がされてましたが、イマイチ本気度が感じられなかったかも。
こちらはカムリとカローラのハイブリッド。
こちらも量販車種のアバンザというミニバン。 ダイハツが製造してて、トヨタ、ダイハツ両方のブランドで売ってます。
こちらはAセグメントのアギアというモデル。 こちらもGRの名前が。
マツダは同じシャシーのCX-9とCX-8を展示。 両方併売してるのですかねぇ。
次は韓国のヒョンデ。 アイオニック5が4台展示され、凄い注目を浴びてました。
まもなくインドネシアでも製造を開始するらしいです。
実車は新しいモノ感があって、なかなかインパクトがありますね。
中はこんな感じ。
これも見たかったストーリアというミニバン。 なかなかインパクトのあるデザインです。 ちょっと初代エスティマっぽいかも。
そして、アメリカでヒットしてる大型SUVのパリセード。
次いで、ジワジワと増えつつある中国車。 その中でも一番よく見るwuling(五菱)のアルマズというモデル。
五菱はあの宏光ミニのメーカーですが、この小型EVも将来インドネシアで販売すると言ってました。 まだ左ハンドルのままですが。
次いで、Chery(奇瑞) これは7シーターミニバン。
この小型EVも近々に販売予定とのことでした。
こちらは、DFSK(東風)というメーカー このモデルはPHEVのようですね。
この商用車もEVですね。 つくりはチャチかったですが。
そして、すっかり中国メーカーになってしまった MG。
これは新型車の MG5GT。 シビックに似てる気が...
こちらもEV推し。
部分部分では、英国をPRしてるんですけどね。
MGの歴史の説明がありましたが、ライトウエイトスポーツはもう出さないのですかね。
他にもBMWや。
EVコーナーには、ルノーゾエ、トゥイージー、テスラモデルYが。
この一角は東京オートサロン!
なんと131やジュリアが! クラシックカーレースが開催されてるようです。 観に行かなきゃ!
ひっそりと展示されてましたが、からはマスタングマッハEでは!
こんなブースも。 バリに工房があり、レストアをしてるらしいです。
最後まで見ていただいた方にサービス。
こんな感じで、意外と車ネタあるかもです。^_^ 限られた環境ですが、また車ネタ発掘したいと思います。

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.