ロールス・ロイス、ベストセラー

 2003年にBMWグループのロールス・ロイス・モーターカーズとしてスタートしてファントムの生産を開始、「エクステンデッド ホイールベース」、「ドロップヘッド クーペ」、「クーペ」といった派生モデルでラインナップを拡大してきたが、2009年に新型のラグジュアリーセダン、初代ゴーストが登場する。創業時の1906年から1925年にかけて製造された高級乗用車、シルバーゴーストのネイミングを継承した初代ゴーストは、幽霊の名にふさわしい静粛性の高さと滑らかな走行性、そして別世界の存在であることを明確にしてロールス・ロイスらしさを備え、ファントムよりコンパクトなボディサイズと、ドライバーズカーとしてのシンプルなデザインやシックでモダンな雰囲気が特徴的で、5年目の2014年のマイナーチェンジ、2020年9月にフルモデルチェンジした。この10年間にわたる生産期間で、ゴーストは、ロールス・ロイスの116年の歴史上、最も多く販売されたベストセラーとなった。さらに、派生モデルとして2013年に2ドアクーペのレイス、2015年にドロップヘッドクーペのドーンも送り出している。

画像: 新型ロールス・ロイス・ゴーストは、全長5546mm×全幅2148mm×全高1571mm、ホイールベースは3295mmで、先代に対して全長が89mm、全幅が30mm拡大されるが、滑らかなスタイリングが際立つ。

新型ロールス・ロイス・ゴーストは、全長5546mm×全幅2148mm×全高1571mm、ホイールベースは3295mmで、先代に対して全長が89mm、全幅が30mm拡大されるが、滑らかなスタイリングが際立つ。

画像1: ロールス・ロイス、ベストセラー
画像2: ロールス・ロイス、ベストセラー
画像3: ロールス・ロイス、ベストセラー

 その2代目として、2020年9月1日に発表された新型ゴーストは、初代ゴーストからそのまま受け継いだコンポーネンツは、スピリット・オブ・エクスタシーのマスコットとドアに収納されるドア・アンブレラのみで、デザインやメカニズムなどすべてを新開発、製作し、ロールス・ロイス史上最も技術的に進歩したモデルと言われている。
 まずボディサイズは、全長5546mm×全幅2148mm×全高1571mm、ホイールベースは3295mmで、先代に対して全長が89mm、全幅が30mm拡大されるが、ドライバーズカーとしての基本は継承している。また、これまでと同様、全長5715mmのエクステンデッドも用意され、ショーファードリブンとしての要素も備えている。
 プラットフォームはファントムやカリナンと同様、ロールス・ロイス独自のアルミスペースフレーム・アーキテクチャーを採用して、50:50の前後重量配分を実現するため、フロントのサスペンション・マウント・アセンブリーをボディのより前方に配置されV12エンジンをフロントアクスル後方に搭載している。
 パワーユニットは、従来モデルとは異なり、ファントムやカリナンと同様のロールス・ロイス専用の排気量6.75リッターのV型12気筒ガソリンエンジンを採用。2基のターボの過給により571PS(420kW)/5000rpmの最高出力と850Nm(86.7kgf・m)の最大トルクを発生する。さらに駆動システムにはFRだった従来モデルとは異なり、四輪駆動システムと四輪操舵システムを採用している。
 サスペンションも新設計で、フロントがダブルウィッシュボーンで、上部に世界初のアッパー・ウィッシュボーン・ダンパーを装着、リアアクスルは5リンク式で、後輪操舵システムを採用、「プラナーサスペンションシステム」と呼ばれる新機構によって快適な乗り心地や優れた運動性能を実現。カメラで前方の道路を読み取って減衰力を調整する可変式電子制御ショックアブソーバーと、セルフレベリング式の大容量エアストラットにより、「マジックカーペットライド」(魔法の絨毯のような乗り心地)と呼ばれる快適な乗り心地がさらに進化して、高いシャシー性能を実現。トランスミッションにはGPSデータによって前方のコーナーを検出し、最適なギアを選択する「サテライトエイデッド・トランスミッションシステム」が採用されている。
 こうした大きな進化とともに、目を引くのは新しいスタイリングだ。先代はファントムの流れを汲み段差が強調されるフロントフードやトランクが特徴的だったが、新型ゴーストは滑らかな仕上がりで、フロントエンドもやや丸くモダンな雰囲気となり、ラジエターグリルには20個のLEDが配され、グリル内のクロームバーを柔らかに照らす。さらにルーフラインはトランクリッドにかけて躍動感がさりげなく強調され、全体的にモダンなシルエットが魅力的である。
もちろん手作業で溶接されたアルミボディ構造も特徴的で、上級モデルのファントムと同様の手法を採用している。
 インテリアは、デザインや装備の配置など、ロールス・ロイスらしさが際立ち、乗った途端に実感できる。ドライバーシートに収まると、上品でありながら、ダッシュボードやインナートリムの装備や配置がシンプルな印象で、コンセプトのひとつであるポスト・オピュエンス(脱贅沢)を感じることができる。リアシートも上質なレザーで仕立てられ、スペースやポジションは、ファントムやエクステンデッドほどではないが、ショーファードリブンらしい雰囲気も備えている。
 センターコンソールの奥に設置された新開発のシャンパンクーラーも魅力的で、ソムリエと相談することで、ノンヴィンテージのシャンパンやワインは6度、ヴィンテージの場合は11度に温度設定できるようにしている。人気オプションのひとつであるスターライトヘッドライナーは、相変わらず満天の星空を再現して、自分の星座にカスタマイズすることも可能なほか、流れ星をつくることもできる。さらに「GHOST」のロゴが輝く新開発のイルミネーテッド・フェイシアも魅力的で、9万個を超えるドットがレーザーエッチング加工され、スターライトヘッドライナーのように輝き、スピリット・オブ・エクスタシーやパルテノン・グリルのようにロールス・ロイスのシンボルのひとつになった。
 4ドアモデルはファントムの流れを汲むセルフ・クロージング・ドアを装備され、Cピラーのスイッチで操作できるが、新型ゴーストは、さらに進化してドアを開ける際、パワーアシストが作動する。外側から閉める際もドアハンドルにあるボタンを押すだけで、自動的に閉まり、各ドアに取り付けられたセンサーによって、坂道など停車条件が変化しても、ドアは常に同じ速度で開閉する。
 試乗車のボディカラーは嵐を意味するテンペスト・グレーで、シックなグレーがとてもいい。そのドアを開け、ドライバーズシートに収まって、まず感じるのは、言うまでもなくロールス・ロイスらしいゴージャスかつシックな雰囲気で、グレース・ホワイトのレザーでまとめられ、サイヴァロ・グレーのウッドパネルやダッシュの一部が組み合わせられる。さらにシートバックの一部やパイピング、RRの刺繍などはテイラード・パープルで仕上げられ、カーペットもパープルで、とても気持ちが良く、イルミネーテッド・ファイシアとスターライトヘッドライナーも際立ち、ロールス・ロイスの極上さを強く感じる。

画像: ゴージャスでありながら、ドライバーズカーとしてのイメージが強調され、システムはBMW的で使いやすいが、デザインや素材はロールス・ロイスらしさが際立ち、運転席に収まると実感できる。さらに、上品でありながら、ダッシュボードやインナートリムの装備や配置がシンプルな印象で、コンセプトのひとつであるポスト・オピュエンス(脱贅沢)を感じることができる。

ゴージャスでありながら、ドライバーズカーとしてのイメージが強調され、システムはBMW的で使いやすいが、デザインや素材はロールス・ロイスらしさが際立ち、運転席に収まると実感できる。さらに、上品でありながら、ダッシュボードやインナートリムの装備や配置がシンプルな印象で、コンセプトのひとつであるポスト・オピュエンス(脱贅沢)を感じることができる。

画像: 静粛性が追及され、上質なレザーで仕立てられた後席のスペースやポジションは、ファントムやエクステンデッドほどではないが、ショーファードリブンらしい雰囲気も備えている。

静粛性が追及され、上質なレザーで仕立てられた後席のスペースやポジションは、ファントムやエクステンデッドほどではないが、ショーファードリブンらしい雰囲気も備えている。

画像: 「GHOST」のロゴが輝く新開発のイルミネーテッド・フェイシアは、9万個を超えるドットがレーザーエッチング加工され、スターライトヘッドライナーのように輝きロールス・ロイスのシンボルになった。

「GHOST」のロゴが輝く新開発のイルミネーテッド・フェイシアは、9万個を超えるドットがレーザーエッチング加工され、スターライトヘッドライナーのように輝きロールス・ロイスのシンボルになった。

画像: 先代ゴーストでも人気オプションのひとつであるスターライトヘッドライナーは、相変わらず満天の星空を再現しているが、自分の星座にカスタマイズすることも可能なほか、流れ星をつくることもできる。

先代ゴーストでも人気オプションのひとつであるスターライトヘッドライナーは、相変わらず満天の星空を再現しているが、自分の星座にカスタマイズすることも可能なほか、流れ星をつくることもできる。

 ロールス・ロイスに乗るということは、いわゆるプレミアムカーの中でも、トップクラスであることを期待している。もちろん新型ゴーストはその期待に応えてくれる。まず、ファントムとカリナンから受け継いだ571psのV12気筒ツインターボ6.75リッターは言うまでもなくスーパースポーツカー並みのスペックだが、実際には上品で、最大トルク850Nmをアイドリングに近いわずか1600回転で発生して、ロールス・ロイスのセダンとしては初となる四輪駆動システムと8速ATによって、0-100㎞/h加速4.8秒で、スポーツカー並みにパワフルでありながら滑らかさ際立ち、どのシーンでも余裕がある効率の良い快適な走行が可能である。
 乗り心地の良さも格別で、前方の路面変化をカメラでスキャンして事前に電子制御ダンパーとエアサスペンションを最適化し、新採用の「プラナーサスペンションシステム」の効果は大きく、うねりがある路面ではゆったりと滑らかな上下動終始するし、路面の不整は、丁寧にショックを吸収して、まさに「マジックカーペットライド」(魔法の絨毯のような乗り心地)を強く感じさせてくれる。さらにロールス・ロイスとしてはファントムよりはコンパクトだが、一般的な大型サルーンでありながら、後輪操舵や4WDといった新しい電制デバイスの効果によって、3mを越えるホイールベースとは思えないほど回答性が良く、サイズを感じることなくスポーティに走ることができる。まさにドライバーズカーと言うにふさわしいキャラクターが際立つのである。
 独特で上質な手触りのレザーを使用してたっぷりとしたクッションを持つシートの座り心地の良さもロールス・ロイスらしい。ぶ厚いテイラード・パープルのフロアカーペットも、ラグジュアリー性と伝統を強く感じさせてくれる。スウィッチ類も伝統的なデザインを意識して、プッシュ式、ロータリー式、さらに上下に動かすトグル式などが組み合わせられ、メーター類もクラシカルな雰囲気を持ち、伝統的な持ち味がモダンに仕立てられ、走らせていると至高の喜びと、ロールス・ロイスならでは贅沢な世界観を強く感じる。  

【SPECIFICATIONS】
ロールス・ロイス ゴースト

ボディサイズ:全長×全幅×全高=5546×2148×1571mm
ホイールベース:3295mm
車重:2490kg
駆動方式:4WD
エンジン:6.75リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
サスペンション形式:前ダブルウィッシュボーン/エアスプリング 後5リンク/エアスプリング
最高出力:571PS(420kW)/5000rpm
最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/1600-4250rpm
タイヤ:(前)255/40R21/(後)285/35R21(ピレリPゼロ)
燃費:15.2-15.7リッター/100km(約6.4-6.6km/リッター、欧州複合モード)
ブレーキ:前後ディスクブレーキ
価格:3590万円
テスト車:45,068,150円
オプション:9,168,150円

画像1: 【SPECIFICATIONS】 ロールス・ロイス ゴースト
画像: 初代ゴーストから受け継いだコンポーネンツは、スピリット・オブ・エクスタシーとアンブレラだけで、それ以外のすべてはゼロからデザイン、開発、製作された。

初代ゴーストから受け継いだコンポーネンツは、スピリット・オブ・エクスタシーとアンブレラだけで、それ以外のすべてはゼロからデザイン、開発、製作された。

画像: ドアに収納される洒落たドア・アンブレラを収めるドアは、水はけを良くして濡れたままの傘をそのまま収納できる。

ドアに収納される洒落たドア・アンブレラを収めるドアは、水はけを良くして濡れたままの傘をそのまま収納できる。

画像: パワーユニットはファントムやカリナンと同様のロールス・ロイス専用の排気量6.75リッターのV型12気筒ガソリンエンジンを採用。2基のターボの過給により571PS(420kW)/5000rpmの最高出力と、1600rpmの低回転域で850Nm(86.7kgf・m)の最大トルクを発生する。

パワーユニットはファントムやカリナンと同様のロールス・ロイス専用の排気量6.75リッターのV型12気筒ガソリンエンジンを採用。2基のターボの過給により571PS(420kW)/5000rpmの最高出力と、1600rpmの低回転域で850Nm(86.7kgf・m)の最大トルクを発生する。

画像: ホイールは前後とも21インチの10スポークビッグサイズで、試乗車はオプションのブラック・ポリッシュのシャドウホイールを装着。タイヤはピレリPゼロで前後でサイズが異なる。

ホイールは前後とも21インチの10スポークビッグサイズで、試乗車はオプションのブラック・ポリッシュのシャドウホイールを装着。タイヤはピレリPゼロで前後でサイズが異なる。

画像2: 【SPECIFICATIONS】 ロールス・ロイス ゴースト
画像3: 【SPECIFICATIONS】 ロールス・ロイス ゴースト
画像: リアまわりは、先代に比べて、ルーフからトランクリッドにかけてのなだらかな曲線が特徴的で、躍動感がさりげなく強調され、全体的にモダンでスタイリッシュなシルエットが魅力的である。

リアまわりは、先代に比べて、ルーフからトランクリッドにかけてのなだらかな曲線が特徴的で、躍動感がさりげなく強調され、全体的にモダンでスタイリッシュなシルエットが魅力的である。

画像: 神殿を思わせるパルテノン・グリルは20個のLEDが内部に配され、クロームバーを柔らかく照らして上品なイメージを強調する。

神殿を思わせるパルテノン・グリルは20個のLEDが内部に配され、クロームバーを柔らかく照らして上品なイメージを強調する。

画像: リアの左右席間には、新開発の専用グラス付きのシャンパンクーラーボックスが用意され、ソムリエと相談することで、ノンヴィンテージのシャンパンやワインは6度、ヴィンテージの場合は11度に温度設定できるようにしている。

リアの左右席間には、新開発の専用グラス付きのシャンパンクーラーボックスが用意され、ソムリエと相談することで、ノンヴィンテージのシャンパンやワインは6度、ヴィンテージの場合は11度に温度設定できるようにしている。

画像: フロントシート、シートバック背面には、格納式の後席用テーブルとモニターが仕込まれている。

フロントシート、シートバック背面には、格納式の後席用テーブルとモニターが仕込まれている。

画像: ドアの開閉はCピラーのスイッチで操作できるが、ドアを開ける際、パワーアシストが作動する。外側から閉める際もドアハンドルにあるボタンを押すだけで、自動的に閉まり、各ドアに取り付けられたセンサーによって、坂道など停車条件が変化しても、ドアは常に同じ速度で開閉する。

ドアの開閉はCピラーのスイッチで操作できるが、ドアを開ける際、パワーアシストが作動する。外側から閉める際もドアハンドルにあるボタンを押すだけで、自動的に閉まり、各ドアに取り付けられたセンサーによって、坂道など停車条件が変化しても、ドアは常に同じ速度で開閉する。

画像: 奥行きがたっぷりしているトランクルームのカーペットは豪華で、中央の奥にある張り出しは、クーラーボックスとなる。

奥行きがたっぷりしているトランクルームのカーペットは豪華で、中央の奥にある張り出しは、クーラーボックスとなる。

画像: 先代同様の観音開きのドアを開けると、室内はロールス・ロイスらしいゴージャスかつシックな雰囲気で、グレース・ホワイトのレザーでまとめられ、サイヴァロ・グレーのウッドパネルやダッシュの一部が組み合わせられる。さらにシートバックの一部やパイピング、RRの刺繍などはテイラード・パープルで仕上げられ、カーペットもパープルで、とても気持ちが良く、ロールス・ロイスの極上さを強く感じる。

先代同様の観音開きのドアを開けると、室内はロールス・ロイスらしいゴージャスかつシックな雰囲気で、グレース・ホワイトのレザーでまとめられ、サイヴァロ・グレーのウッドパネルやダッシュの一部が組み合わせられる。さらにシートバックの一部やパイピング、RRの刺繍などはテイラード・パープルで仕上げられ、カーペットもパープルで、とても気持ちが良く、ロールス・ロイスの極上さを強く感じる。

This article is a sponsored article by
''.