画像: 関西舞子サンデーゆるフレ@堺浜2022.2

関西舞子サンデーゆるフレ@堺浜2022.2

昨日は堺浜で開催された関西舞子に行ってきました。
ゆるフレも同時開催だったので、フランス車がたくさん。
昨日の主役はXMでしたね。 茶色のが前期型のXMで、緑のが後期型のXm
このエッジの効いたデザインが最高です。 後継のC6のほうが巷ではもてはやされてますが、個人的には圧倒的にXMだなー 強烈に濃いXM、シトロエン談義が繰り広げられてました。
DS3並び。 左のレーシングはこれでジムカーナに参戦してるらしく、これまでドライブシャフトを7本交換したらしいです...
新旧シトロエン並びー
この2CVは綺麗でしたね。 イエローのシートカバーも素敵です。
トゥインゴがトリコロールカラーに並んでました。
色とりどりのカングー
406ブレークと806!って、これまたマニアックな...
406ブレーク好きなんですよね。 806は姉妹車のランチアゼータと並べて見てみたいな(笑)
フランス車以外も。 新旧コルベット並び。 最近最新のC8コルベットがめちゃカッコよく感じるようになってきました。
そして、今回は友人の色々な車を運転する事が出来ました。
先ずは、ネオクラのジャガーXJ(XJ40)
第一印象は、思ってたよりもかなりスポーティでドライバーズカーだなぁと。 もう少し重厚な感じかと思ってましたが、軽やかに吹けるエンジンもですし、操作系も軽くて大きな車の感じがしないですね。
次いで、現代のシトロエンDS3カブリオ
6MTのスポーツシックですが、スポーティさと乗り心地の塩梅が絶妙だと感じました。 運転席だとあまりオープンの感じはしませんが、後部席はオープン感覚満点でしたね。 これイイなぁ!
最後に未来のBMW i3
先ずは加速が鋭い! 当たり前ですが、一瞬でドンと出ます。 最高速は150キロくらいらしいですが。 そして、エンブレの利き方が凄い。 慣れるとワンペダルで運転出来てこれはこれで楽しいですね。
内装もコンセプトカーというか実験車的な要素満載でいいですよね。
そして、助手席ですが、私が免許を取って最初に乗った車のシトロエンBXに27年ぶりに乗せて頂きました。 シートこんなにフカフカだったっけ? こんなに視界よかったっけ? とまるでタイムスリップした感じでした。
この方、BXに新車からワンオーナーで乗られてて、知識と愛情がホント半端ないです。

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.