画像: 東京オートサロン2022 「BRIDE」ブース

東京オートサロン2022 「BRIDE」ブース

2022年1月14日~16日に千葉県の幕張メッセで開催された、「東京オートサロン2022」には世界中からパーツメーカーがブースを出展。数あるブースの中から今回は「BRIDE (ブリッド)」を紹介する。
商品説明をする高瀬 嶺生社長
SUPER GTやダカールラリー、D1GPなどのトップカテゴリから初心者向けの走行会、日常のドライブシーンなど様々なシーンにおいて最適なバケットシートを展開しているブリッド。
今回のオートサロンでは、先日発表されたばかりの土屋圭市氏のコラボモデル【KINGシリーズ】をはじめ、現行モデルの展示・試座シートを用意。
KINGシリーズを紹介する高瀬 嶺生社長
バケットシートの他、チャイルドシートやエアバスターポータブルBRIDEエディションなどのこれまでにない新しいブリッドの世界を多くのギャラリーに訴えた。
エアバスターポータブルBRIDEエディション
そして、オートサロンで世界初公開となった【GIASIII】【STRADIAIII】【ZETAIV】【ZIEGIV】のedirb ver.。
edirb(エディルブ)は新素材であるプロテインレザーを採用するブリッドが製造するワンランク上のプレミアムスポーツシート。
フルモデルチェンジしたばかりのシートたちのedirb仕様が早くも展示された。
さらに、盛り上がりをみせているeスポーツをはじめとして、PCや家庭用ゲーム機でレーシングシミュレーターを楽しむ人が増えていることを受け、TRYS(トライズ)というシミュレーター装着向けモデルを発表。
リアルなシミュレーターに対し、従来のシートは座り心地や着座位置のリアリティが不足していたり、乗り降りがしづらかったりもした。そこでブリッドはこれまでの実績を存分に反映した究極のゲーミングチェアを完成させた。
いずれの商品も参考出品とはなるが、今から販売がとても楽しみなシート達であった。

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.