2021年11月21日(日)に愛知県知多市/東海市でOZジャパン(株)の主催による、OZ Club Meetingが開催されました。
OZ/MSW/SPARCOのホイールを装着しているオーナーさんを対象としたミーティングで、今回で4回目の開催となります。

画像1: OZ Club Meeting 2021 開催!

集合場所は愛知県知多市の新舞子マリンパーク駐車場です。
この駐車場では、夏季の海開き期間中の6月・7月・8月を除く毎月第3日曜日に車好きが集まるオフ会【カーくる新舞子サンデー】が開催されています。
この日は第93回新舞子サンデー開催日でしたので、OZミーティングの参加車両以外にも駐車場には多くの車好きが集まっていました。

東は千葉県・埼玉県から、西は京都府まで、40台のOZホイールを装着した車が集まりました。
ホイールは同じOZでも、メーカーも車種もバラバラな40台、しかしそれが新鮮で、オーナーさん同士も興味深々の様子です。

画像2: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像3: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像4: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像5: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像6: OZ Club Meeting 2021 開催!

特別ゲストの梅本まどかさんは愛車の赤の86で遊びに来てくれました。
梅本さんが愛車86用のホイールに選んだのは、F1-DNAが刻み込まれたリアルサーキットデザイン、【Ultraleggera(ウルトラレッジェーラ)】です。
梅本さんはF1観戦がきっかけで、F1で多くのチームが装着するOZホイールに憧れを抱くようになり、86の初めてのカスタムとしてOZ ウルトラレッジェーラを選択したのだそうです。

画像7: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像8: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像9: OZ Club Meeting 2021 開催!

LEXUSのラインアップに新たに加わった都会派コンパクトクロスオーバー LEXUS UXは【Superturismo AERO(スーパーツーリズモ アエロ)】でドレスアップです。
スーパーツーリズモ アエロは2021年の新作ホイールで、業界初の空力を考慮した外部樹脂パーツを取り付ける構造を持ったアフターマーケット向けホイールです。
新たなライフスタイルを探求するUXに大変よく似合っています。
外部樹脂パーツのアエロフラップをおしゃれに彩るフラップステッカーも販売されており、こちらはレッドのフラップステッカーが目を惹きます。
ステッカーは他にもブルー、イエロー、カモフラ、カーボンと様々なカラー、デザインから愛車にぴったりな1枚を選択できます。

画像10: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像11: OZ Club Meeting 2021 開催!

鮮やかなレッドのホイールが目を惹くこちらのミニは日本を代表するMlNIチューナー【DuelL AG(デュエル)】さんのデモカーです。
ダブルフェイスホイール 【Superturismo Evoluzione(スーパーツーリズモ エヴォルツィオーネ)】をOZ×DuelL AGのコラボで特注製作したホイールです。

画像12: OZ Club Meeting 2021 開催!

【Superturismo WRC (スーパーツーリズモWRC】と【Rally Racing(ラリーレーシング)】を装着したGR YARISが2台並びます。
トヨタ自らスポーツカーを造りたい、レースに勝つためのクルマを造りたい、その思いがカタチとなったのが TOYOTA GAZOO Racing より登場した GR YARISです。
GR YARISは2022年シーズンよりWRC (FIA世界ラリー選手権) に登場します。その足元を支えるのが O.Z Racingです。

画像13: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像14: OZ Club Meeting 2021 開催!

ラリーの舞台で活躍するGR YARISにマッチするのがWRCの名を持つ、【Superturismo WRC (スーパーツーリズモWRC)】です。
世界最高峰のラリー「WRC」のターマックステージで使用される唯一無二のレプリカモデルです。
オーゼット・ラリーカラーの象徴であるホワイトにレッドロゴの組み合わせです。(サイズ:18インチの8.0J+40)

画像15: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像16: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像17: OZ Club Meeting 2021 開催!

1988年のWRC(世界ラリー選手権)デビュー以来、究極のグラベルホイールとしてレースに君臨し続ける【Rally Racing(ラリーレーシング)】。
跳ね石や土砂からブレーキを守る為の革新的なスタイルは、世界中のモーターファンを魅了した名作です。
GR ヤリス用のサイズもラインナップされています。(18インチ 8.0J +45)
GR ヤリスとベストな相性のラリーレーシングはGR ヤリスオーナーにお勧めの1本です。

画像18: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像19: OZ Club Meeting 2021 開催!

こちらはダークグラファイトカラーのラリーレーシングでC-HR GR SPORTをドレスアップです。
TOYOTA GAZOO RacingがWEC(FIA世界耐久選手権)や、WRC、Super GTなど国内外における様々なモータースポーツ活動を通じて得たノウハウで、誰もが気軽に、スポーティな走りを体感できるように生み出されたのが、C-HR GR SPORTです。
ラリーレーシングはタフなC-HR GR SPORTをより魅力的に、より迫力のある外観に魅せてくれます。

画像20: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像21: OZ Club Meeting 2021 開催!

SUVらしい力強いデザインとオンロード・オフロード両方の走行性能を格段に向上させた新型 TOYOTA RAV4。
オフロード性能やSUVらしいリフトアップ感に効果のある大径タイヤが採用されています。
そんなRAV4にはアーバンクロステイストに溢れる【MSW 48】がとてもよく似合います。

画像22: OZ Club Meeting 2021 開催!

新型 TOYOTA RAV4のタフな世界観を表現するホイールは他にもあります。
こちらはSparcoブランドの【Terra (テラ)】をコーディネート。
オフロードレースから触発されたホイールです。
特徴的なホイール中央部はオフロードレースでのホイールの遠心力によって投げ出された石からブレーキを保護するために作られており、岩場や砂利道などの悪路走行性もばっちりです。

新舞子マリンパークで交流した後はみんなで連れ立ってレストラン会場へ向かいます。
レストラン会場は新舞子マリンパークから車で20分ほどのイタリアンレストラン ノンナカコーレです。

画像26: OZ Club Meeting 2021 開催!

まずは主催のOZジャパン(株) 内山代表と特別ゲストの梅本まどかさんからの挨拶です。

画像27: OZ Club Meeting 2021 開催!

内山代表

画像28: OZ Club Meeting 2021 開催!

梅本まどかさん

画像29: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像34: OZ Club Meeting 2021 開催!

お食事の後は内山代表と梅本さんのフリートークです。
愛車の86やOZホイールを選択したきっかけ、ラリーやコ・ドラの体験談など、参加者のみなさんも興味深々です。

画像35: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像36: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像37: OZ Club Meeting 2021 開催!

フリートークのあとはお楽しみ抽選会です。
オリジナル時計、フェラーリウインドブレーカー、バックパック、オーバーオールなどの豪華景品が並びます。

画像38: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像39: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像40: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像41: OZ Club Meeting 2021 開催!

イベントにもご参加いただいた、イタリア車&フランス車のメンテナンス・ファクトリー レッドポイントさんからレッドポイントオリジナルのオイルを協賛していただきました。

画像42: OZ Club Meeting 2021 開催!
画像43: OZ Club Meeting 2021 開催!

着ぐるみで会場を盛り上げてくれた参加者さん。

画像44: OZ Club Meeting 2021 開催!

抽選会で当たったオーバーオールに梅本さんがサイン。

画像45: OZ Club Meeting 2021 開催!

梅本さんの愛車86と抽選会で着ぐるみで盛り上げてくださった参加者さん。

画像46: OZ Club Meeting 2021 開催!

イベント終了後もたくさんのオーナーさんが駐車場で写真撮影をしたり交流を深めていました。
今後もこのようなベントを通じてOZオーナーさんの輪が広がると良いですね。

今回のイベントの模様は8speed.netでも紹介されています。

主催:オーゼットジャパン株式会社 

運営:株式会社カーくる

This article is a sponsored article by
''.