こんにちは。YUです。これからバイクの免許を取ろうと考えている人、または既にバイクに乗っている人の中には、「あのバイクに乗りたい」と、乗る前から車種が明確だった人も少なくないのではないでしょうか。(かく言う私こそ、初めから乗りたいバイクがあったから教習所に通ったタイプの人間。)

免許取得の前にバイクを買っちゃった、と言う話はよく聞くが、なかでも「バイクに乗りたい=ハーレーに乗りたい」というエピソードは昔からたくさん耳にしてきた。

そんな、いつの時代も愛される"Harley-Davidson (ハーレーダビッドソン)のホットな新型を2台ご紹介します。

(※この度、”JAIA日本自動車輸入組合”の輸入二輪試乗会にて、私が乗ることができたバイクのみの試乗インプレッションです。)

まずはじめに、2010年夏に登場すると瞬く間にヒットモデルとなり、ハーレーのラインナップには欠かせないスポーツスターシリーズの"フォーティーエイト"。

Harley Davidson スポーツスター XL1200X

画像1: Harley Davidson スポーツスター XL1200X
画像2: Harley Davidson スポーツスター XL1200X

ハーレーのモデルとしては割と後発組にも関わらず、絶大な人気を誇ります。

その人気の理由は、"最高にクールでちょうどよいハーレー"だから、と個人的に思います。

画像3: Harley Davidson スポーツスター XL1200X

スリムなピーナッツタンクに、存在感のあるファットタイヤをあわせ持つため、従来の「すべてがビック」なハーレーとは違う、親しみやすいサイズ感とオシャレさを感じます。

画像4: Harley Davidson スポーツスター XL1200X
画像5: Harley Davidson スポーツスター XL1200X
画像6: Harley Davidson スポーツスター XL1200X
画像7: Harley Davidson スポーツスター XL1200X
画像8: Harley Davidson スポーツスター XL1200X
画像9: Harley Davidson スポーツスター XL1200X

主要諸元表

エンジン空冷式Evolution™
排気量1,202 cc
エンジントルク96 Nm /3500rpm
車両重量252 kg
燃料容量7.9 l
シート高710 mm
長さ2,165
ベース価格1,537,800
https://www.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/forty-eight.html

ハーレー初のアドベンチャーモデル Harley Davidson Pan America1250

画像: ハーレー初のアドベンチャーモデルとして、今、最もハーレーで注目されそうな一台をYUが取材してきました! 現在、試乗することは叶いませんでしたが、跨ることはできたので乗車してみると・・・ www.harley-davidson.com

ハーレー初のアドベンチャーモデルとして、今、最もハーレーで注目されそうな一台をYUが取材してきました!
現在、試乗することは叶いませんでしたが、跨ることはできたので乗車してみると・・・

www.harley-davidson.com

動画

主要諸元表

エンジンRevolution™ Max 1250
排気量1,252 cc
エンジントルク128 Nm/6750rpm
車両重量245 kg
燃料容量21.2 l
シート高890mm (アダプティブライドハイトにより50mmダウン可)
長さ2,265 mm
ベース価格¥ 2,310,000 (ビビッドブラック)
https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html
画像: 主要諸元表

This article is a sponsored article by
''.