画像: TSM高雄サンデーミーティング2021.6

TSM高雄サンデーミーティング2021.6

日曜日は、2ヶ月ぶりに開催された高雄サンデーミーティングに行ってきました。
元々は国産メインのヤングタイマー特集でしたが、コロナ禍でノンジャンルになりました。
今回は雨だった為、いつもの半分〜2/3程度の参加でしたかね。 私は去年から皆勤賞で9回目の参加ですが、初めての雨でした。 後半はなんとか雨も上がりましたが。
今回は、真ん中に鎮座したアストンマーチン勢が目立ってました。 右からDB9、ラピード、ヴァンキッシュ、ヴァンテージSと全てモデルが違います。
このグリーンのDB9は綺麗な色でしたねー
これだけ前の世代のヴァンキッシュですが、このフェンダーが堪りません。ナンバーをテープで隠して007にと、小技が効いてます。
結構な雨でしたが、セブンも自走で来てました。 漢ですねー
こちらは、ドイツ車勢。 930、コンパクトでイイですよね。
E36の3シリーズが2台。 1台は凄いオバフェンでした。
イタリア車勢も、155、gtのオーナーさんは、以前からの顔見知りですが、4C、ブレラのオーナーさんともお話をさせて頂きました。 皆さん若いのに凄い!
こちらにも、アルファ勢が。
私は初のテージスで参加。 西川淳さんともお話をさせて頂きました。
テージスは、初めて見ました。と言われる方が多かったですね。 小さな賞も頂き、通行券をGet。 そうそう、ワインディングを初めてまともに走りましたが、エンジン音が勇ましく、サイズの割には意外とスポーティで、やはりイタリア車だなぁと感じました。
フォードKaも久々に見ましたね。 個人的に好きなんですよね。
オペルティグラも可愛い。
パナメーラのスポーツツーリスモは実車初めて見ました。
クラシックミニもかわいいですよね。
サクソVTSですかね。
フランス車も、他にも常連のルノー勢とか結構多かった気がします。
今回のコンクールデレガンスの1位は、このサイバーCR-X。 なんとワンオーナーで67万キロ!との事です。
他にも珍しい国産車が結構たくさん。
スバル1000ですかね。
こちらは、910ブルーバードのワゴンだそうです。
テラノもイイですよねー これ、5ドアと思いましたが、ドア2枚ですよね?
これも、珍しい。 パブリカバン。 めっちゃ雰囲気ありますね。
これは日産のエンブレムが付いてましたか、何でしょう? ホーマー?
今月は、イベントはこれでおしまいかな...
高雄は来月は元の予定はドイツ車特集でしたが、再度7月以降のテーマ車は再度組み直されるかもですね。

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.