数あるホットハッチの中で際立つ1台

 ルノー19の後継車として1995年に登場したCセグメント、メガーヌは、ルノーの定番的な存在として親しまれてきた。その次世代として、2002年にモデルチェンジしたメガーヌⅡのスポーツモデルとして2004年に追加されたのがメガーヌR.S.である。言うまでもなく、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが開発しディエップの工場で生産される高性能モデルで、通称「R.S.」、一般的にはレーシング・スポーツの頭文字だが、ルノー・スポールの頭文字であることは良く知られる通りだ。その後メガーヌⅢ、現行のメガーヌⅣにもメガーヌR.S.はラインナップされ、現行R.S.は3世代目にあたり、2018年に登場。2019年には、さらにその高性能版として足回りを強化し、R.S.の280psから300ps(221kW)/6000rpmにパワーアップ、最大トルクを390Nm/2400rpmから420Nm/3200rpmへ引き上げたR.S.トロフィーが追加されている。

画像1: 数あるホットハッチの中で際立つ1台
画像: ルノー・スポールが開発しディエップの工場で生産される高性能モデルで、通称「R.S.」、一般的にはレーシング・スポーツの頭文字だが、ルノー・スポールの頭文字である

ルノー・スポールが開発しディエップの工場で生産される高性能モデルで、通称「R.S.」、一般的にはレーシング・スポーツの頭文字だが、ルノー・スポールの頭文字である

画像2: 数あるホットハッチの中で際立つ1台

 もちろん、メガーヌR.S.のDNAは誕生から現在に至るまで、引き継がれ、そのパフォーマンスは、ニュルブルクリンクでの量産FF車最速チャレンジによって誇るべきDNAとして認められている。ちなみにその記録は2008年にはじまり、メガーヌR26.Rがニュルブルクリンク北コースで、8分16秒9のラップタイムを記録。2011年にはやはり北コースでメガーヌⅢのR.S.トロフィーが8分07秒97を、さらに2014年にはメガーヌⅢのR.S.トロフィーRが7分54秒36へ記録を更新。そして2019年、最新の現行メガーヌR.S.をベースとしたメガーヌR.S.トロフィーRは7分40秒100を達成し、ニュルブルクリンク北コースの量産FF車最速新記録を樹立している。

画像: 2008年、メガーヌR26.Rがニュルブルクリンク北コースで、8分16秒9のラップタイムを記録。

2008年、メガーヌR26.Rがニュルブルクリンク北コースで、8分16秒9のラップタイムを記録。

画像: 2011年、ニュルブルクリンク北コースでメガーヌⅢのR.S.トロフィーが8分07秒97を記録。

2011年、ニュルブルクリンク北コースでメガーヌⅢのR.S.トロフィーが8分07秒97を記録。

画像: 2014年、メガーヌⅢのR.S.トロフィーRがニュルブルクリンク北コースで、7分54秒36へ記録を更新。

2014年、メガーヌⅢのR.S.トロフィーRがニュルブルクリンク北コースで、7分54秒36へ記録を更新。

画像: 2019年、最新の現行メガーヌR.S.をベースとしたメガーヌR.S.トロフィーRは7分40秒100を達成し、ニュルブルクリンク北コースの量産FF車最速新記録を樹立。

2019年、最新の現行メガーヌR.S.をベースとしたメガーヌR.S.トロフィーRは7分40秒100を達成し、ニュルブルクリンク北コースの量産FF車最速新記録を樹立。

 そのメガーヌR.S.が今回マイナーチェンジ、2021年1月28日に日本導入を発表、3月4日から販売を開始、高性能バージョンのメガーヌR.S.トロフィーも変更を受けて、同時にラインナップされる。メガーヌR.S.トロフィーはMTと、6段ツインクラッチのEDCの2モデルがあり、強化されたシャシーなど、スポーツ性をより強調しているのが大きな特徴である。

画像: メガーヌR.S.トロフィーはMTと、6段ツインクラッチのEDCの2モデルがラインナップされる。

メガーヌR.S.トロフィーはMTと、6段ツインクラッチのEDCの2モデルがラインナップされる。

画像3: 数あるホットハッチの中で際立つ1台

 今回試乗したのは日常性も備えたホットハッチ、メガーヌR.S.で、ハイライトはパワーアップで、従来の1リッター直列4気筒16バルブ直噴ガソリンターボ・エンジン279psからメガーヌR.S.トロフィーに搭載される300ps(221kW)/6000rpmに、最大トルクは390Nm/2400rpmから420Nm/3200rpmへ変更された。さらにツインスクロールターボの軸受けベアリングには、スチール製に代えてセラミック製を採用し、摩擦を従来の3分の1に低減したとされるターボチャージャーを装着。

画像: 「メガーヌR.S.」には高性能モデル「R.S.トロフィーEDC」と同じ最高出力300PS、最大トルク420N・mを発生する1.8リッター直4ターボエンジンを搭載。驚くほどシャープかつスムーズに吹け上がる。

「メガーヌR.S.」には高性能モデル「R.S.トロフィーEDC」と同じ最高出力300PS、最大トルク420N・mを発生する1.8リッター直4ターボエンジンを搭載。驚くほどシャープかつスムーズに吹け上がる。

 ほかにも、今回のマイナーチェンジでは、R.S.とR.S.トロフィーともにアダプティプクルーズコントロール、アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ) 歩行者検知機能付など先進的な運転支援システムを採用したほか、多くの装備をバージョンアップ、あるいは新採用されている。

 注目すべきは、電子制御のアクチュエーターで、タイロッドを動かして後輪を操舵する「4コントロール」と呼ばれる後輪操舵システムと、ダンバーのバンプラバーの代わりにセカンダリーダンパーを内蔵して、ダンパーを大容量化したのと同じ効果を狙った「4輪HCC」(ハイドロリックコンプレッションコントロール)、さらにメガーヌR.S.トロフィーはトルセンLSDで、メガーヌR.S.は「R.S.デフ」と呼ばれる電子制御ブレーキングLSDなど走行性を重視したシステムなどが、ふんだんに盛り込まれることだ。言うまでもなくルノー・スポールはF1をはじめ多くのモータースポーツで活躍しているが、そのテクノロジーが市販車に生かされているのである。

画像: 標準装備の四輪操舵システム「4コントロール」は約60km/h未満の低速走行(「レース」モードでは約100km/h未満の走行時)では、4 コントロールシステムは後輪を前輪とは逆の方向に向ける。約60km/h以上の高速走行(「レース」モードでは約100km/h以上の走行時)では、4つの車輪がすべて同位相となり、高いコーナリング・スタビリティを発揮する。

標準装備の四輪操舵システム「4コントロール」は約60km/h未満の低速走行(「レース」モードでは約100km/h未満の走行時)では、4 コントロールシステムは後輪を前輪とは逆の方向に向ける。約60km/h以上の高速走行(「レース」モードでは約100km/h以上の走行時)では、4つの車輪がすべて同位相となり、高いコーナリング・スタビリティを発揮する。

 日本仕様のR.S.は「EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)」という6段DCTのみの設定で、走り出した瞬間から、多くの新装備の実力を堪能できる。まず、300psエンジンは、スタートからレッドゾーンまで、驚くほどシャープかつスムーズに吹け上がる。さらにシフトレバーを倒してMTモードを選択して、ドライブモードが選択できる「ルノーマルチセンス」で「レースモード」を選択するとレブリミットの7000rpm付近まできっちりと回すこともできる。

画像: 様々なドライブモードが選択できる「ルノーマルチセンス」で「レースモード」を選択するとレブリミットの7000rpm付近まできっちりと回すこともできる。

様々なドライブモードが選択できる「ルノーマルチセンス」で「レースモード」を選択するとレブリミットの7000rpm付近まできっちりと回すこともできる。

 このエンジンとEDCの組み合わせも見事だが、それ以上に際立つのは、ルノーらしいハンドリングである。剛性感の高いボディとしっかりとしたダンピング、さらに60km/hを境に(レースモードでは100km/h)低速では逆位相、高速では同位相に切れる後輪操舵システム「4コントロール」によって、コーナーリングの動きは機敏かつシャープ、しかも安定性が高く、トラクション性能や、グリップの良さが際立ち、コーナーでの立ち上がりは素晴らしい。ブレンボのブレーキや、「R.S.デフ」の効果の大きく、速く、安定感のある質の高い走行性を存分に楽しむことが出来る。荒れた路面に対してもフランス車らしいしなやかさも兼ね備え、ルノーのホットハッチとしての美点と実力を発揮。数あるホットハッチの中で、多くの魅力が際立つ1台と言えよう。

スペック

ルノー・メガーヌ ルノースポール
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1465mm
ホイールベース:2670mm
車重:1480kg
駆動方式:FF
エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:300PS(221kW)/6000rpm
最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/3200rpm
タイヤ:(前)245/35R19 93Y/(後)245/35R19 93Y(ブリヂストン・ポテンザS001)
燃費:11.8km/リッター(WLTCモード)
価格:464万円/テスト車=486万4900円

画像1: スペック
画像2: スペック
画像: 標準で、シルバーキャリパーのブレンボ製フロントブレーキを装着。

標準で、シルバーキャリパーのブレンボ製フロントブレーキを装着。

画像: アルカンタラの専用スポーツシートはホールド性が高く、スポーツドライビングでも、ドライバーが滑ることはない。ステアリングはナパレザーとアルカンタラのコンビで感触がよく滑りにくい。。

アルカンタラの専用スポーツシートはホールド性が高く、スポーツドライビングでも、ドライバーが滑ることはない。ステアリングはナパレザーとアルカンタラのコンビで感触がよく滑りにくい。。

画像: アクティブバルブ付きのスポーツエキゾーストを採用、環境に合わせてサウンドのチョイスが可能。

アクティブバルブ付きのスポーツエキゾーストを採用、環境に合わせてサウンドのチョイスが可能。

画像: フルLEDのヘッドライトに加えて、チェッカーフラッグをイメージした3連LED、R.S.ビジョンを組み合わせている。

フルLEDのヘッドライトに加えて、チェッカーフラッグをイメージした3連LED、R.S.ビジョンを組み合わせている。

画像: 容量も十分で、使いやすいラゲッジルーム、シートは40:60の分割可倒式。

容量も十分で、使いやすいラゲッジルーム、シートは40:60の分割可倒式。

画像: フロント同様のアルカンタラのリアシート、赤いステッチが魅力的。

フロント同様のアルカンタラのリアシート、赤いステッチが魅力的。

This article is a sponsored article by
''.