OZレーシングの新作ホイールが発表されました。
例年は都内の会場で大々的に新作ホイール発表会を開催していますが、今年はコロナ禍のため、メディア毎に説明会を開催するスタイルとなりました。

画像1: OZレーシング 2021年新作ホイール発表

今年2021年はOZイタリア本社の創立50周年の節目となる年です。
1971年に誕生したOZは1985年にはF1へ、1988年にはWRCへ参入し、現在もF1、WRC、フォーミュラE、IndyCar、WTCRなど様々なレースでチームに選ばれ続けています。
そして長年のレーシングテクノロジーはアフターマーケットにフィードバックされ、OZホイールは多くのモータースポーツファンから支持を得ています。
そんなOZレーシングの2021年の新作ホイールを紹介します。

スーパーツーリズモ・アエロ・HLT

画像1: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像2: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像3: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像4: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT

スーパーツーリズモ・アエロ・HLTはスーパーツーリズモシリーズの第4世代となるホイールです。(イタリア語読みのため“エアロ”ではなく“アエロ”です。)
「アエロ」の文字通り空力をテーマとして開発されており、最大の特徴はホイール業界初の空力を考慮した「アエロフラップ(樹脂製フィン)」です。
ホイールの内側から外側に空気が流れる形状を作ることで、ホイール周辺の空気の流れを整理しながら、ブレーキシステムの冷却性能を向上する仕組みになっています。
アエロフラップの素材をアルミではなく樹脂にすることで軽量化を図る点も、長年のモータースポーツの経験で築かれた理念に基づいています。

画像5: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像6: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像7: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像8: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像9: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像10: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT

センターキャップは通常のセンターボアを塞ぐタイプと、F1センターロック風の「セントラル・ロックカバー」タイプの設定があり、2つの表情を楽しむことができます。

画像11: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT
画像12: スーパーツーリズモ・アエロ・HLT

2021年6月より販売開始予定です。

■製品概要
価格:7万5000円(税別)~9万9000円(税別)
サイズ:18×8.0J、19×8.0J、19×8.5J、19×9.0J
カラー:スターグラファイト

スーパーツーリズモ・アエロ・e

画像1: スーパーツーリズモ・アエロ・e
画像2: スーパーツーリズモ・アエロ・e
画像3: スーパーツーリズモ・アエロ・e

2本目はスーパーツーリズモ・アエロ・HLTをベースに世界初のEV車専用ホイールとして現在製品化が進んでいる「スーパーツーリズモ・アエロ・e」です。
空気抵抗を減らすため、樹脂カバーを装着しフラットに、さらに樹脂カバーの表面にはティンプル加工が施されています。
樹脂カバーは空力性能のパフォーマンス向上に加え、デザイン面でもテスラなどのEV車にマッチするスタイルに仕上がっています。
2021年中の製品化を目指して調整中とのことです。

■製品概要
価格:coming soon
サイズ:19、20インチ
カラー:スターグラファイト

スパルコ・レコード

画像1: スパルコ・レコード
画像2: スパルコ・レコード

3本目はスパルコブランドの新商品「レコード」です。
スパルコのホイールはレーシングスタイルが基本コンセプトとなっており、レコードもセンターが落ち込んだデザインで立体感のあるスポーティな印象に仕上がっています。
OZブランドと比べて安価な価格帯となっており、エントリーモデルとして近年人気が上昇しているスパルコホイールにも注目です。

■製品概要
価格:3万9000円(税別)~4万4000円(税別)
サイズ:17×7.5J、18×8.0J
カラー:マットグラファイト、グロスブラック

OZ Japan 公式サイト

OZ Japan カーくるブログ

This article is a sponsored article by
''.