岐阜県各務原市にあるイタリア車・フランス車の老舗メンテナンスショップ「レッドポイント」でアバルト595の特別仕様車を仕上げるという情報をキャッチし、作業当日に取材にお伺いしました。

今回レッドポイントが仕上げる特別仕様車は「アバルト595 Personale(ペルソナーレ)」です。
2014年にレッドポイントとアルファロメオ岐阜が共同でアルファロメオ147をベースにコンプリートカーを製作する企画がありました。そのコンプリートカーの名は「アルファロメオ147 Personale」
今回もレッドポイントとアルファロメオ岐阜の共同企画で、アバルト595をベースにPersonaleの名を冠したコンプリートカーの再来となります。

ドコが特別仕様なのか気になるところですので、詳しくお話を聞いてきました。
以下にレッドポイントが手がけるオリジナルカスタムをご紹介します。

1.モーションコントロールビーム(MCB)

画像1: 1.モーションコントロールビーム(MCB)

アイシン精機株式会社と共同開発したABARTH用のモーションコントロールビームはオーダー殺到中のアイテムです。
アバルト595 Personaleでは前後のバンパーに1本ずつとトランクに1本の計3本を装着します。

画像2: 1.モーションコントロールビーム(MCB)
画像3: 1.モーションコントロールビーム(MCB)
画像4: 1.モーションコントロールビーム(MCB)
画像5: 1.モーションコントロールビーム(MCB)

モーションコントロールビームは硬いバーで車体を固める装置ではありません。硬いバーで車体をがっちり固めてしまうだけですと、剛性が強くなりすぎて乗り心地が悪くなってしまいます。モーションコントロールビームのポイントは車体にかかる力を必要ない力は逃がしながら、踏ん張らなければいけない状況では硬さを発揮できるという、硬さと柔らかさのどちらの良さも持ち合わせている点です。車両運動性能と乗り心地を共に向上し、高速での安定性から、街中での運転のしやすさにも貢献してくれるアイテムです。ノーマルで車高が高い車に、より効果を実感できるということなので、ノーマル車高の方にも是非お試しいただきたいです。

アバルト595 Personaleには3本装着されますが、トランクだけ、もしくは前後バンパー2本だけという付け方もできます。ただどちらかだけ装着するとその後、もう一方を追加してほしいと入庫されるオーナーさんも多いそうです。

現在オーダー殺到中ということで、この日も作業中のクルマの装着率から人気の高さが伺えます。

画像6: 1.モーションコントロールビーム(MCB)
画像7: 1.モーションコントロールビーム(MCB)

アバルト用のモーションコントロールビームはレッドポイントのブログでも紹介されています。

付ける場所によって違う効果が得られるとのことですので、詳しくはレッドポイントまでご相談ください。

クワッド・レデューサー

マエカワエンジニアリングのレデューサーをレッドポイントがオリジナルでアバルト用を販売しています。手のひらに乗るほどの小さいサイズからは想像できない、巨大なパワーを発揮します。

画像: クワッド・レデューサー

レデューサーの役割は「ブローバイガスを排出する」装置です。ブローバイガスとはエンジン内部での燃焼行程において発生する未燃焼のガスです。シリンダーの中にブローバイガスが充満するとピストンの動きが空気抵抗に邪魔をされてしまいますので、ピストンを早く動かすためにはガスを適切に排出する必要があります。レデューサーはエンジンの回転状況に応じて開閉を行い、ガスを排出して戻りは遮断する装置です。負荷を取り除くことにより効能を発揮するアイテムですので、エンジンへの負荷がかからないのも嬉しいポイントです。

レデューサーをインストールした595を試乗させていただきましたが、インストール前とは歴然とした違いを実感できます。発進のもたつきがなく、走り出した瞬間からトルクの力強さを感じます。そして全回転域での軽快な走り…
この違いは是非試乗で体験してください。

画像: なんとレデューサーの模型までありました。

なんとレデューサーの模型までありました。

スパルコホイール

画像1: スパルコホイール
画像2: スパルコホイール
画像3: スパルコホイール

ホイールはスパルコのテラが標準装備となります。
イタリアのモータースポーツ用品ブランドであるスパルコのホイールですが、生産はイタリアのホイールメーカーOZ社が行っています。
この日は試作車のためカタログ設定色であるホワイトの装着でしたが、アバルト595 Personaleに装着するホイールは特注カラーであるグロスシルバーテックです。サイズも特注サイズである16インチ 7.0J +37、FIAT/ABARTH専用ハブとなっており、ABARTH595のbremboキャリパーにも装着可能です。

画像4: スパルコホイール
画像5: スパルコホイール

OZ×レッドポイントのコラボレーションにて生み出されたホイールは今回のテラが第3弾となります。第1弾がOZ FORMULA-HLT、第2弾がOZ SuperTurismo-LM、そして今回は初のスパルコホイールでのコラボレーションとなりました。

画像: 左からTerra、Formula-HL、Superturismo-LM

左からTerra、Formula-HL、Superturismo-LM

第2弾のFormula-HLはカーくるマガジンでも以前ご紹介させていただきましたのでこちらの記事も是非ご覧ください。

レッドポイント特注 Terra スペック
サイズ:16インチ 7.0J +37
FIAT/ABARTH専用ハブ
カラー:グロスシルバーテック

SessAブレーキパッド

画像1: SessAブレーキパッド
画像2: SessAブレーキパッド

レッドポイントオリジナルのSessAブレーキパッドはブレーキダストがとても少ないことが特徴です。ブレーキダストによるホイール汚れが軽減されるのは嬉しいですね。ブレーキディスクロータにも優しいという利点があり、何万キロ走ってもディスクロータにレコード盤のような筋状の傷が付くことがありません。ディスクロータとブレードパッド両方の消耗を抑えることができるので、新車時にSessAブレーキパッドに交換するのがお勧めだそうです。

画像3: SessAブレーキパッド

そのほか、レッドポイント独自の整備メニューであるアライメント調整も行い、足回りもばっちりです。

画像4: SessAブレーキパッド
画像5: SessAブレーキパッド
画像6: SessAブレーキパッド
画像7: SessAブレーキパッド

レッドポイントのオリジナルカスタムが施されたアバルト595 Personaleはフィアットアバルト岐阜限定での販売です。
ノーマルとカスタム両方を乗り比べて、アバルト595 Personaleの乗り味を是非体験してみてください。

画像8: SessAブレーキパッド
画像9: SessAブレーキパッド

取材時に工場の中では気になる作業が行われていましたので、作業を拝見させていただきました。
こちらの大きな液晶モニターの機器「MAHLE TechPRO DIGITAL ADAS」は先進運転支援システムの校正作業(エーミング、キャリブレーション)を行う機械です。

画像10: SessAブレーキパッド

近年のクルマには各種センサーを使った運転支援システムが数多く搭載されており、整備でレーダーの脱着やガラス交換などを行った際は、各機器を再調整するエーミング作業を行う必要があります。
スキャンツールに車両とターゲット距離4点を入力することで、車両と正対するように自動補正されたターゲットが65インチ4Kモニターに表示されます。

画像11: SessAブレーキパッド

本来大きなスペースを必要とするエーミング作業ですが、車両との距離を演算しターゲットの大きさが変化して表示されるため、測定作業スペースを最小限で行うことができる優れ物だそうです。最先端の運転支援システムを正確に動かすために必要な作業もレッドポイントさんならお手の物です。

画像12: SessAブレーキパッド
画像13: SessAブレーキパッド
画像14: SessAブレーキパッド
画像15: SessAブレーキパッド

INFORMATION
イタリア車とフランス車のメンテナンス・ファクトリー
RED POINT/レッドポイント

画像16: SessAブレーキパッド

〒509-0104 岐阜県各務原市各務おがせ町5丁目239-3
TEL 058-370-5064

レッドポイント公式HP

カーくるBLOG

ペルソナーレに関するお問い合わせはこちら
フィアット/アバルト岐阜
岐阜市木ノ下町2丁目1番地
TEL 058-259-3713
営業時間 10:00-18:30
定休日 月曜日・第1.2.3火曜日

This article is a sponsored article by
''.