ジャガーは、PlayStation4用ソフトウェア「グランツーリスモ」向けに開発した最新のフル電気自動車(EV)のバーチャル・レーシングカー「Vision Gran Turismo SV」を発表した。

このモデルは、実際にフルスケールでのデザインスタディを経てつくられたもので、最高速度410km/hを発揮し、完璧に磨き上げられたエアロダイナミック・デザインとレースで培ってきたパワートレイン・テクノロジーが組み込まれているドリームカーである。
流線型で軽量な複合材ボディ構造の「Vision Gran Turismo SV」には、4つのモーターを搭載し、インテリジェントな全輪駆動システムとトルクベクタリングから得られるトラクションとダイナミクスにより、最高出力1,400kW/1,903PS、最大トルク3,360Nm 、0-60mph加速1.65秒、最高速度410km/hという優れたパフォーマンスを発揮する。
究極のバーチャル耐久レーシングカーとしてデザインされた「Vision Gran Turismo SV」は、そのスタイリングやサーフェスだけでなく、塗装に至るまで、ル・マン24時間レースにデビューし輝かしい戦績を残した「C-TYPE」(1951年)や「D-TYPE」(1954年)へのオマージュがみてとれる。
画像1: 「VISION GRAN TURISMO SV」発表
究極のゲーム用フル電動耐久レーシングカー
ジャガー・レーシングのエンジニアは、フォーミュラE向けに6シーズンにわたって「I-TYPE」の開発をしてきた知識と経験をすべて注ぎ込み、「Vision Gran Turismo SV」向けに4つのモーターを採用したフル電動駆動システムを開発した。
画像2: 「VISION GRAN TURISMO SV」発表
究極のゲーム用フル電動耐久レーシングカー
作業は主に2つのプロジェクトに分かれおり、ひとつは、フロントアクスルに2つ目の300kW/407PSのモーターを搭載して高出力とトルクを実現すること。
次により大きな負荷に対応するために温度制御システムを改良し、耐久レース中も長時間の高速走行と加速性能を維持できるようにすることである。
軽量かつ高剛性なボディ構造の下部に、最新のリチウムイオンバッテリーパックを搭載し、低重心、低いロールセンター、ほぼ完璧に近い重量配分を実現した
画像3: 「VISION GRAN TURISMO SV」発表
究極のゲーム用フル電動耐久レーシングカー

This article is a sponsored article by
''.