日産自動車株式会社 (以下、日産自動車)は、一般社団法人日本ネーミング協会が主催する「日本ネーミング大賞 2020」*1 において、「SKYLINE(スカイライン)」が優秀賞を受賞したと発表した。
「スカイライン」は、日産自動車で最も長い歴史を持ち、多くの人々の「憧れのクルマ」として愛されてきた、日産を代表するプレミアムスポーツセダンである。

1957 年に富士精密工業(のちのプリンス自動車工業)の主力乗用車として生産・販売が開始され、プリンス自動車工業と日産自動車が合併した 1966 年以降も「スカイライン」のネーミングは日産自動車が引き継ぎ、63年に亘る長い歴史を重ね、現行モデルは13 世代目を数える。

車名の「スカイライン」は、「山並みと青空を区切る稜線」に由来。初代モデルの誕生当時、それまでプリンス自動車工業の主力商品であった「プリンス・セダン」に代わる新型乗用車のネーミングとして採用された。 当時の富士精密工業の会長であり、ブリヂストンの創業者としても知られる石橋正二郎会長は、同社製品のゴルフボール「ブルースカイ」、「スカイウェイ」などと共通性のある「空」に因んだ言葉を指向し、社内に存在した命名案の中から、清れつなイメージを持つ「スカイライン」が選ばれたと伝えられている。
初代 スカイライン
「第一回目となる日本ネーミング大賞において、優秀賞を受賞できたことを大変嬉しく思います。60年以上をも受け継がれる『スカイライン』のネーミングが、今も魅力を放っている、と認めていただいたことは、『スカイライン』を愛し、育ててくださった日本のお客さま、そして、このモデルに情熱を注いできた仲間たちの熱い想いの賜物です。」と、日産自動車 執行役副社長の星野 朝子氏は語る。

日産自動車は、今後もこの唯一無二のブランドに誇りを持ち、先進技術がもたらす更なるワクワクをお客さまに提供していくとしている。
*1 ネーミングの重要性を広く社会に発信することで、ネーミングの質と価値の向上を図り、生活文化を豊かにし、産業の発展に寄与することを目的に、賞賛すべき優れたネーミングを選出・表彰するアワードとして、本年度より開催されている。

This article is a sponsored article by
''.