ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:グレッグ ウィリス)は、ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク『LiveWire® (ライブワイヤー)』を、2021年春に日本市場へ導入する。現時点では、日本仕様の詳細ならびに国内販売価格は未定となっている。

画像1: ハーレーダビッドソン ジャパン NEWS PELEASE
初の電動スポーツバイク『Live Wire』を2021年春に日本導入
画像2: ハーレーダビッドソン ジャパン NEWS PELEASE
初の電動スポーツバイク『Live Wire』を2021年春に日本導入

『LiveWire®』は電気のみをエネルギー源とするまったく新しいモーターサイクルで、新次元のテクノロジーとハーレーダビッドソン製品ならではの上質な仕上げ、ハイパフォーマンスな走りを提供する刺激的なモデルで、次のような特長を有している。
(海外仕様を基にした情報です。日本仕様とは一部異なる場合があります)。

・僅か3秒で時速0 kmから100 kmまで加速する驚異の加速性能
・1度の充電で最大235kmを走行可能な高出力バッテリを搭載
・2つの充電方法をサポート。DC急速充電スタンドでは40分で80%充電、家庭用コンセントでも一晩でフル充電

『LiveWire®』のデビューは米欧で先行し昨年より進められており、この戦略に基づくアジア最初の導入国が日本となる。常に最大トルクを即座に発生でき、どの速度からでも優れた追い越し加速性能を発揮する新しい乗り味は、スポーツ走行を楽しみたいライダーや、通勤通学も含めた“次世代の日常の足”として街乗りにも最適。

【一般お問合せ先】
ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
TEL:0800-080-8080

This article is a sponsored article by
''.