画像: 【モトGP2020 チェコGP2日目】アレックス・マルケスとステファン・ブラドルはレースに向かう

【モトGP2020 チェコGP2日目】アレックス・マルケスとステファン・ブラドルはレースに向かう

レプソル・ホンダチームのライダーは第3戦を7列目からスタート。
アレックス・マルケスはFP3で週末のベストタイム1 ́57.355をマークしたが、Q1ではそれを0.3秒だけ再現できなかった。アレックス・マルケスは、チェコGPを21位からスタートする。
ステファン・ブラドルは、1'57.509のラップを記録し、前日のベストタイムを1秒近く短縮した。ブラドルは、レースを20番手からスタートする。
レースは現地時間午後2時から行われる。
アレックス・マルケス
「最終順位を見るのが厳しかった。まだ新しいタイヤを最大限に活用するために取り組む必要がある。予選はネガティブだったが、転倒を除けばFP4は悪いセッションではなく、週末を通してペースは良かった。明日のレースは後方からのスタートで難しいスタートになると分かっているけれど、ポジティブに感じているし、長いレースになるので、ペースが重要になる。まだタイヤの選択を明確にする必要があるけれど、自分のレースペースで順位を回復することができ、確実に多くのことを学ぶことができると思う。」
ステファン・ブラドル
「今日はバイクの感覚が良くなり、まだラップ毎に改善している。サーキットでのグリップを探しているけれど、多くのライダーもこの範囲で動いていると思う。忙しい1日になった。セッティングを試し、HRCと働いているので、予選で1ラップのスピードに完全に集中することができなかった。明日のレースでは多くの助けがあるだろうし、自分にとってバイクをもっと理解し学ぶことに有益な時間になるだろう。。何が起こるか見てみよう、長いレースになるだろう。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.