画像: 【モトGP2020 常勝チームのバイクの進化】

【モトGP2020 常勝チームのバイクの進化】

レプソル・ホンダチームは、最高峰クラスに参戦を続ける。4種のバイクとそれらの進化が15タイトルと180勝という成功した記録に登っている。
NSR、RC211VRC212V、RC213V... これらの文字は、二輪世界選手権の歴史のページに大きく書かれている。
1995年にレプソルとホンダがチームを組んでから、いつも最高峰クラスで勝利に向かってGPを争っている、最もパワフルなチームになった。この同盟は26年間になり、彼らのバイクは特徴的なオレンジのリムで常に認識され、トップレベルのレースで最も関係するイメージを形成している。
2つの大きな会社のコラボは、記憶に残る2ストローク500ccマシンのNSRから始まった。これらのマシンは、ミック・ドゥーハンとアレックス・クリビーレとともに、1995年から1999年の間、5連勝を達成するという一時代を作り上げた。
990ccエンジン、220馬力になったRC211VはモトGPというスタイルでデビューした。バレンティーノ・ロッシが2002年と2003年に最初の2つのタイトルを獲得し、責任を果たした。最後になった2006年にはニッキー・ヘイデンがタイトルを獲得した。800ccにレギュレーションが変わりデビューしたRC212Vでは、ケーシー・ストーナーとともに2011年にタイトルを獲得した。
現在の1000ccバイク、RC213Vはマルク・マルケスと、アレックス・マルケスが乗る。彼らがクラストップの座を続けてくれるだろう。マルクは現チャンピオンで、モトGPでここ7年で6回のタイトルを獲得している。彼のキャリアはすでにレジェンドになっている。

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.