画像: 【モトGP2020 カタール公式テスト】2020年プレシーズンが終了

【モトGP2020 カタール公式テスト】2020年プレシーズンが終了

ローサイル国際サーキットのライトの下、3日間のプレシーズン公式テストが終了し開幕を待つのみとなった。
現地時間20時にチェッカーフラッグが振られ、レプソル・ホンダチームは2020年のプレシーズン公式プログラムは終了した。3日間で今年緒戦の可能な限りのベストポジションを出すために異なるオプションを数多く試した。
最終日はマルク・マルケスには忙しい1日になった。彼はテストプログラムを通して容赦なく仕事を続けた。初日から速さを素早く見つけ、8回のチャンピオンは最終日の走行でコンスタントに進歩を遂げた。夕方の終わりに向かって、マルクはラップタイムをプッシュすることに注力し、ベストタイムは1’54.149でテストを終了し、全体の最速ラップからわずか0.291秒、3位からコンマ1秒以下で締めた。
また、レプソル・ホンダチームで初めにコースに出たのは、ルーキーのアレックス・マルケスだった。前日までの2日間で行ったように、モト2チャンピオンは、昨日と比較してベストタイムを改善することができた。タイムアタックに集中することなく、アレックスはトータル152周を周回し、1’55.519のタイムをマークした。
2020年のモトGPシーズンの緒戦がかなり迫り、ライダーとチームに最終準備の時間が直面している。パドックは3月6日から8日にカタールに戻る。
マルク・マルケス
「最初の2日、必要な場所を改善する方法を理解するのに苦労したので、正直少し心配していた。でも、今日は大きなブレークスルーを達成し、今やるべきことを理解した。本当に一貫したことができて、長い走行の間のリズムに満足していた。ホンダ、エンジニア、メカニックに感謝したければならない。彼らはこのテストの多くの努力をしてくれて、結果が僕らに示された。レースのためにここに戻ってきた時に、従う方向が見つかった。」
アレックス・マルケス
「今日も体調が良くなり、最初の30周はかなり良かった。僕らは他のことに忙しくて、今日はタイムアタックをする機会が本当になかった。セパンでは強かったけれど、ここでの時間は望みとは近くはなかった。このテストのおかげで、チームは来週のGPにいくつかの解決策があると思うので、それに満足している。今は、緒戦に向けて最善の方法で準備するためにホームに帰る。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.