画像: さよならC4ピカソ

さよならC4ピカソ

3年とちょっと我が家で家族の足として活躍してくれた先代C4ピカソですが、本日でお別れとなりました。
車は乗り替えを考えたりすると、機嫌を損ねると良く言いますが、御多分に漏れず、数週間前に突然左のライトが点灯しなくなりました。
実は、数か月前から左のライトの内側に水が入りこみ、かなり曇った状態になってました。
主治医に持って行ったところ、ライトの内側に水がかなりの量溜まっており、その影響でバラストが壊れてしまってるとの事。 うーん。 もっと早く持って行かなきゃでしたね。。
バラストは社外品で使える物がありましたが、ライトの内部まで水が入り込んでしまってて、完全分解をして水抜きをしなきゃいけない状態で、結構な工賃が掛かってしまいました。。
バラストを交換し、ライトを組み付け、内部の水分を乾かして、隙間をコーキングして塞いで貰いました。
ここ数年は親を乗せたりして、5人乗車で使うことが多かったのですが、C4ピカソはこのような使い方にはとても合っていたと思います。
ユーティリティ性も高く、室内も広々、視界も良くて乗り心地もふんわりと優しい。
親もピカソはとても気に入ってたようです。
いろんなところに行きましたね。 ゼニスウインドウは普段は眩しいので、シェードを下してる事が殆どですが、グラスルーフと相まって非日常感がありました。
個人的にも、4ATモデルの為、燃費は今一つでしたが、それ以外はとても満足度が高かったです。
ゆっくり洗車をしてあげる時間はありませんでしたが、これまでの感謝をこめて綺麗に。
カーともさんに引き継いでもらったので、これからも会う機会はあるかな・・ (^_^.)
(元々は買う予定は無かった)次の車も今日入れ替えで手元に来ました。 カーくるの皆さんの中でもここのところ箱替えがプチブームですよね。 でも皆さん新しいモデルに乗り換えられてますが、私は反対に旧い方にいってしまいました。 (^_^;)
今週中には名義変更予定ですので、こちらはまた別途ご紹介しますね~

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.