画像: 【モトGP2020 セパンテスト最終日】マレーシアでのテストが終了

【モトGP2020 セパンテスト最終日】マレーシアでのテストが終了

マルクとアレックス・マルケスのテスト最終日は忙しい時間になった。
チャンピオン、マルク・マルケスは、肩に負担をかけずにトラックでの時間を最大限に活用し、マレーシアのテスト最終日に47周を周回した。この3日間でレプソル・ホンダチームのライダーは、2020年のバイクをテストしただけでなく、肩の状態を評価し、両面で改善と進歩を遂げた。今日も最後のカーブで転倒し、ケガを避けるためやや速く終了した。1’58.772のベストタイムで、マルクはトップのファビオ・クアルタラロに0.5秒以内につけた。
アレックス・マルケスには着実で一定の進歩を遂げた。彼は1日を通してベストタイムを更新した。前のベストを0.5秒以上短縮して、1’59.042でマレーシアでのテストを記録、ブラッド・バインダーを抜いて、ルーキーでトップにたった。このテストはアレックスと彼のレプソル・ホンダチームにとってとてもポジティブなテストであり、3日間の開始時に設定した全てを達成することができた。チームメイトの0.2秒以内、そしてテストの最速ライダーから0.693秒以内で1日を終えることは、今回のテストの充実度を示している。
レプソル・ホンダチームは、3日間のテストで、合計284ラップを走行、アレックスが153ラップを周回した。
チームとライダーは、短い休憩を楽しんだ後、2月22~24日にカタールでの最後の3日間のテストがあり、選手権を始めるために必要な準備を完了する。
マルク・マルケス
「朝は調子が良く、ベストを尽くしたので、良い感触で1日を終えた。カーブ15で転倒したけれど、それは体調のせい。限界がどこにあるかを知ることは良い事であり、転倒しない方がより良いけれど大丈夫。今日また47周を周回したけれど、今回はペースが異なって、いくつか試して、まだやるべきことがある。今日の走行は少し長くなったけれど、スピードはまあ良かった。」
アレックス・マルケス
「感覚そのものは日々改善されていて、より速くより快適になっている。これが最も重要。カタールGPに向けて、準備する残りのプレシーズン日はあと3日だけだけど、迫ってきている。知識はトラック毎に向上し、達成したすべてに満足している。カタールでのテストの目的は、自分に合ったバイクのテューニングと、コース上のさまざまな条件を理解すること。このテストで多くのことを試せて良かった。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.