画像: 【モトGP2020 マレーシア公式テスト2日目】セパンでのテストが続く

【モトGP2020 マレーシア公式テスト2日目】セパンでのテストが続く

2日目は1日を通してドライコンディションの中、レプソル・ホンダチームの二人はそれぞれのプログラムをこなし、初日のタイムを更新した。
レプソル・ホンダチームの計画に則り、マルク・マルケスはマレーシアでの走行を制限し、まだ治癒している右肩がカタールの開幕戦でできる限り最高の状態になるようにした。今日の47周回の10周目に1’59,097のベストタイムをマークしたマルクは、2020年シーズンに向けて様々なアイデアを試しながら体調を評価した。走行の終わりに向かって、チャンピオンはターン3でクラッシュしたが、ケガはなかった。
モトGPルーキー、アレックス・マルケスは、最初の走行で1’59.661を記録し、すぐに進歩を続けた。好天により、モト2チャンピオンは何周もラップしている間にRC213Vの性能と使用済みタイヤの挙動を理解することができた。お昼の休憩の後、アレックスはセッション終了まで1時間も経たないうちに仕事に戻り、2日目を終えてトータル66周を走行した。
明日がセパンでのテストの最終日になる。
マルク・マルケス
「肩が昨日よりも良い感触だったのでとても良かった。残念ながらクラッシュして、大きなクラッシュに見えたけど、ゆっくりしたクラッシュだったので大丈夫。体調に小さなミスも許されないので、100%集中する必要があることを示している。クラッシュの前に終わっていたので、僕らが必要なことをすることは止めなかった。今日の目標は45周だった。明日は、新しいタイヤと自身の変更を理解し続けるために、さらに周回を重ねる。」
アレックス・マルケス
「今日もまた本当に良かった。特にユーズドタイヤでしっかりテストできたことが良かった。タイヤを学んで、それに対応することが僕の主な目的。朝にタイムアタックをしたけれど、ベストな乗り方ではなかった。それで59秒6が出たことは良かった。今日最も重要なことは、長く走れて、良いペースでまだテストすべき体力面も見れた。全体に良い感じだし、したことと過程すべてに満足している。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.