画像: 【モトGP2019 ヘレステスト2日目】今シーズン最終テストは、雨で早期終了

【モトGP2019 ヘレステスト2日目】今シーズン最終テストは、雨で早期終了

昼に降り出した雨で、2019年の最終テストは短縮、チームは条件が悪化する前の朝を最大限に活用した。
天気予報はよろしくなく、マルク・マルケスは、2019年の最終日が始まってすぐにヘレスのコースに飛び出した。朝早くに1’37.820、全体の2位を記録した。常にテストが必要なので、より多くのトラック時間が必要で、マルクとチームは、バレンシアのレースが終わってから達成されたことに満足している。
同様にアレックス・マルケスは、RC213Vでフィーリングを改善するために、より良いコンディションを望んでいた。2日目の午前中に1’39.224を記録し、23歳は最も速いルーキーだった。現在のモト2チャンピオンはカタールでの最高峰クラスのデビューに備えて、激しいオフシーズンを開始する。
マルク・マルケスは、11月27日の水曜日、右肩の手術のためにバルセロナに向かう。マルク・マルケスは、医療相談の後、予防措置として手術を受けることを選択した。この手術は、2018年末に行われた左肩の手術と似ている。
レプソル・ホンダチームは、2月7日から9日に行われるセパンでのテストでトラックに戻る。
マルク・マルケス
「この2日間はとても前向きで、2020年のアイテムを使って仕事をして、正しい方向を見つけようとした。初日は多くのことを試し、今日は昨日探したベストなものでスタートした。残念ながら雨が降る前に20周しか走れなかった。濡れた状態で適切なテストができるほど濡れていなかったし、完全に乾いてもいなかった。これからは日本のHRCのスタッフが全てを分析する時間になる。
この冬は、すばらしい2019年シーズンを過ごした後で、良い休日を過ごしたいし、少し静かな時間を楽しみたい。でも右肩の手術がある。皆さんも知っての通り、去年の冬は、左肩の手術をして、とても厳しいものだった。将来右肩がこの状態にある状況を避けたいので、選択肢が何であるかを確認するために医師とよく話した。もてぎより前は、肩に起こる状況を避けるために手術をするのがベストだという医師との問題がいくつかあった。多かれ少なかれ同じ時間を要し、マレーシアのテストでできるだけ強くたどり着けるように同じように働くよ。」
アレックス・マルケス
「天気は完璧ではなかったけど、午前中は次のステップに進み、使用済みタイヤで時間を改善することができた。昨日のように、新しいタイヤを履いたら雨が降り始めたので、これはまだ見なければならないこと。ウェットでバイクを少し試すことができたし、感覚は良かった。まだやることがたくさんあるとしても、この2日間のテストには満足している。セパンでのテストに向けて、休みの間に家で何をする必要があるかは分かっている。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.