画像: 【モトGP2019 バレンシア公式テスト】2020年シーズンの始まり

【モトGP2019 バレンシア公式テスト】2020年シーズンの始まり

2020年シーズンに向けて伝統的なポスト・シーズンのテストである、リカルド・トルモ・サーキットで活動が始まった。レプソル・ホンダチームは2020年のライダーで行った。
マルク・マルケスは、2019年に驚異的な12勝を挙げ、2020年に防衛する2日が始まる。早くスタートして、バレンシアでの忙しい1日を動き始めた。ちょうど午後1時すぎ、ターン13で転倒したが、無傷で走行に復帰した。60周を走り、チャンピオンは建設的な1日を楽しみ、1’30.698で5位で終了した。
テストの初日、モト2チャンピオンのアレックス・マルケスが新しいRC213Vを初めて試した。アレックスは朝の8周目のターン10でクラッシュを経験した。ランチ前にコースに戻ることができ、HRCのライダーとしてのデビューは53周を周回、最後から2周目に1’32.873のタイムを記録した。
もう1日バレンシアでテストを行い、2019年カレンダーの最後のテストのために、ヘレスに向かう。
マルク・マルケス
「全体的な今日の進め方に満足している。2020年のバイクでは最初のコンタクトだし、それを理解し始めた。ボックスからのアウトラップで変なクラッシュをしたけど、バイクには問題はない。明日はもっといくつかのことを理解するためにいくつかのエリアで集中したい。忙しい1日になるだろうけど、自分たちの仕事を続けることを楽しみにしている。それでチームは冬の間に我々の意見を基に動くことができる。」
アレックス・マルケス
「まず初めに、モト2チャンピオンとしてホンダに加わる機会を与えてくれたことに感謝を述べたい。どのラップも改善が必要だった。それが重要であり、バイクに乗る時間を楽しむことができた。最初の走行でのルーキーのミスを除けばポジティブな一日になり、とても満足している。リズムはとても良かったし、明日はどこを改善し、集中する必要があるかが分かった。明日の計画は、ただもっと多くのラップを周回すること。それでバイクをより理解し、もっとうまくやっていく方法を学べると思う。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.