画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「レプソル・ホンダチームの一員であることはとてもハッピー」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「レプソル・ホンダチームの一員であることはとてもハッピー」

レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プーチは、日本の勝利の後、チームの効率と情熱を維持するために必要な努力を強調している。
マルク・マルケスがもてぎで、ミック・ドゥーハンに並ぶ、モトGP54回目の優勝を飾った。レプソル・ホンダチームは25回目のコンストラクターズ・タイトルを4年連続で獲得した。アルベルト・プーチは日本のメーカーの地元レースでホンダとHRCの社長とともに、ボックス内と表彰台の下で祝った。
Q:「コンストラクターズ・タイトルを獲得した特別な日本GPになりました。」
Puig; 「日本のファンとホンダの社長八郷氏や、副社長の倉石氏、HRC社長の野村氏を含む、多くのホンダの社員の前だったので、とてもポジティブな週末だった。このようなレースにはいつも特別な雰囲気がある。マルクはとても良いレースをして、レプソル・ホンダチームのメンバー、ファン、ライダー、プロジェクトに関わる全ての人にとって、素晴らしい幸福感がある。25回目のコンストラクターズ・タイトルは、アプローチのタイプ、投資、ホンダがモーターレーシングに抱く情熱をよく示している。
アプローチなしではホンダが達成したことは達成することが不可能。レースの世界と同じように複雑な世界で多くのことを見るのは素晴らしい。このような効率と支配は、探すのがとても難しく、多くの場合、維持することが難しいけれど、ホンダは基準として続けている。」
Q: 「もてぎのレースの戦略は?」
Puig: 「戦略はギャップを作って、そこからチャンスがあるかどうかを見極めること。引き離すことができない場合、違った方法で後方からレースをコントロールする必要がある。でもマルケスは、小さい差を広げ、この差を築く集中をキープした。これは勝つには十分だった。マルクは、燃料消費に注意を払って、築いた差のおかげですべてコントロール下にあり、レース全体の限界にプッシュする必要がなくなった。」
Q: 「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig: 「もちろんポジティブな点は、マルクが4連勝を飾り、ホンダの地元でコンストラクターズ・タイトルを獲得したこと。ネガティブな点は、ホルヘが好きなコースで何度か勝ったことがあるコースでもっと速く走れて欲しかった。彼にとっては簡単ではないけれど、今年の最後まで挑戦し続けて欲しい。」
Q: 「ピットからの眺めは?」
Puig: 「レースは素晴らしく、とても興味深いものだった。マルクは常にリードしていたけれど、クアルタラロが常にプッシュしていた。クアルタラロはとても速いし、最大限挑戦した。彼は良いレースをしたし、ルーキーオブザイヤーを獲得して、とても良いデビューシーズンを送っているのでそれを祝福したい。」
Q: 「休みなしでオーストラリアに向かいます。そこでマルクはドゥーハンの最高峰クラス54勝を超える可能性があります。」
Puig: 「オーストラリアでもいつものように、最大限努力する。簡単なコースではない。特に天候が大きな役割を果たしているので、すべてをコントロールすることはできない。常に変わりやすく、寒く、風が強いけれど、時々晴れて暑い。フィリップアイランドでのマルクは、史上最も成功したホンダのライダー、ミック・ドゥーハンを抜く機会がある。これは予測でいないこと。オーストラリアで彼が達成し、ホンダのGPレースにおける信じられないほどの歴史に加え続けることができるかどうか見てみたい。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.