フルモデルチェンジで第7世代となったBMW 3シリーズ セダンに乗る。

 2018年10月のパリサロンで発表された新型BMW3シリーズは1975年に登場して以来、40年以上アッパーミドルクラスのスポーツサルーンとして多くの人々から支持されてきた。言うまでもなく日本でも人気が高くBMWを代表する1台と言えるだろう。

画像1: フルモデルチェンジで第7世代となったBMW 3シリーズ セダンに乗る。

 今回のモデルチェンジのハイライトは、より洗練された内外装デザイン、最先端の安全機能や運転支援システムの搭載、環境性能を重視した軽量化。もちろんBMWが得意とする軽快なハンドリング性能をはじめとした走行性能の向上だ。

画像: Mスポーツに装備されるスポーツシートはアルカンターラとセンサテックの組み合わせが標準で、スポーティ。サポートやホールドも良い。

Mスポーツに装備されるスポーツシートはアルカンターラとセンサテックの組み合わせが標準で、スポーティ。サポートやホールドも良い。

 日本仕様は、まず2リッターの4気筒ガソリンターボの320iと高出力版330iの2モデルでスタート。大きなポイントは日本のマーケット事情を反映した320iの設定だ。もともと本国の初期生産には設定のないエンジンで完全な日本専用で、BMWジャパンが単なるインポーターではなく、本国と深い信頼関係があることもわかる。

画像: 330iに搭載される2リッター直4ターボエンジンは、従来モデルより6psパワーアップ。トルクも、常用回転域で50Nmアップしている。

330iに搭載される2リッター直4ターボエンジンは、従来モデルより6psパワーアップ。トルクも、常用回転域で50Nmアップしている。

 さらに本国でのラインナップはどんどん拡大している。ディーゼルは現時点ですでに320dに加えて318dや330dなどがあり、プラグインハイブリッドの330e、高性能モデルとして直列6気筒ガソリンターボのM340i xDriveも登場している。日本仕様も新たに320dと330e、M340i xDriveが追加導入されている。このなかから、今回の試乗したのは、330i M Sportだ。

画像2: フルモデルチェンジで第7世代となったBMW 3シリーズ セダンに乗る。

 ボディーサイズは全長×全幅×全高=4715×1825×1430mmと、従来モデルより全長が70mm、全幅が25mm拡大。ホイールベースも2850mmと、40mm長くなっている。3シリーズということでサイズアップは気になるところだが、走り出してもまったく違和感はなく、むしろグレード感が増していることが大きな魅力となるほか、軽量化も見逃せない。1630kgの車重はサイズに対して軽く収められる。258ps/400Nmのパワー&トルクもまったく不満はない。パワフルでとても気持ちよく走ることができる。

画像: Mスポーツのタイヤサイズはフロント225/45R18、リア255/40R18が標準で、試乗車にはオプションのファストトラックパッケージが組み合わせられ19インチアルミホイールにフロント225/40R19、リア255/35R19を装着する。

Mスポーツのタイヤサイズはフロント225/45R18、リア255/40R18が標準で、試乗車にはオプションのファストトラックパッケージが組み合わせられ19インチアルミホイールにフロント225/40R19、リア255/35R19を装着する。

 何よりの魅力は、3シリーズにふさわしい軽快かつスポーティなハンドリングであろう。とくに19インチホイール、連続可変ダンパー「アダプティブMサスペンション」や電子制御LSD「Mスポーツディファレンシャル」などを装備する330iの走行性能はスポーツライクで魅力的だ。

画像: ステアリングホイールには運転支援システムADASの操作スイッチを装備。アクティブ・クルーズコントロールはボタンで簡単に作動する。

ステアリングホイールには運転支援システムADASの操作スイッチを装備。アクティブ・クルーズコントロールはボタンで簡単に作動する。

 最先端の運転支援システムやハンズ・オフ機能付き渋滞支援システムに関しては様々な操作を試してみたが、他社に対してアドバンテージは大きく不安を感じることはなく安心してクルマに任すことができる。特に注目したいのは、直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、同じ軌跡をバックで正確に戻ることのできるリバース・アシスト機能であろう。例えば行き止まりなど、どうしても後退を余儀なくされるような場合でも気を使う必要はない。

 このところ、注目を集めるインテリジェント・パーソナル・アシストについても先進的だ。AI技術を使って音声会話だけで、車両操作や情報アクセスなどを可能にするこのシステムの他社との違いは、ドライバーがシステムを自由にネーミングすることが可能な点だ。たとえば「OK、BMW」だけでなく、「OK、3シリーズ」など任意の設定が可能なとなる。
 こうした多くの先進性と3シリーズらしい気持ちの良いスポーツライクなドライビングフィールを合わせ持つ新型3シリーズは、アッパーミドルクラス・サルーンのなかでひと際魅力的な1台と言えよう。

画像: キドニーグリルには、状況に応じてエンジンルーム内に入る空気の量を調整するエアフラップが組み込まれる「アクティブエアストリーム」を装備。通常はエアロダイナミクスの向上を考慮して閉じているが、エンジンやブレーキの冷却など状況に応じて開く。

キドニーグリルには、状況に応じてエンジンルーム内に入る空気の量を調整するエアフラップが組み込まれる「アクティブエアストリーム」を装備。通常はエアロダイナミクスの向上を考慮して閉じているが、エンジンやブレーキの冷却など状況に応じて開く。

画像: 下側の切り欠きが特徴的な新デザインのヘッドランプ。「330i Mスポーツ」には、車両が自動で照射範囲を調整する、アダプティブLEDヘッドライトが標準装備される。

下側の切り欠きが特徴的な新デザインのヘッドランプ。「330i Mスポーツ」には、車両が自動で照射範囲を調整する、アダプティブLEDヘッドライトが標準装備される。

画像: 4:2:4の3分割可倒式のリアシートは、アームレストの部分だけをを倒せば、長尺物も積み込みながら4人乗車も可能。

4:2:4の3分割可倒式のリアシートは、アームレストの部分だけをを倒せば、長尺物も積み込みながら4人乗車も可能。

画像: BMWセダンの伝統とも言うべき『ホフマイスターキンク』と呼ばれるクォーターウィンドウの処理は、Cピラーとの組み合わせによって3シリーズの特徴にひとつになっている。

BMWセダンの伝統とも言うべき『ホフマイスターキンク』と呼ばれるクォーターウィンドウの処理は、Cピラーとの組み合わせによって3シリーズの特徴にひとつになっている。

画像3: フルモデルチェンジで第7世代となったBMW 3シリーズ セダンに乗る。

BMW 330i Mスポーツ

全長×全幅×全高:4715×1825×1430mm
ホイールベース:2850mm
車重:1630kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:258ps(190kW)/5000rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1550-4400rpm
タイヤ:(前)225/40R19 93Y/(後)255/35R19 96Yランフラットタイヤ(ブリヂストン・トランザT005)
燃費:13.2km/リッター(WLTCモード)/15.7km/リッター(JC08モード)
価格:632万円/テスト車=724万2000円
オプション装備:メタリックペイント/ポルティマオ・ブルー(¥90,000)/イノベーションパッケージ(¥223,000)/ハイラインパッケージ(¥201,000)/コンフォートパッケージ(¥125,000)/ファストトラックパッケージ(¥283,000)

This article is a sponsored article by
''.