トヨタのアルファード、日産のエルグランドといった高級ミニバンに対抗すべく開発されたのがこの「エリシオン」でした。しかし、アルファードの強さには勝つことができず、1世代限りで消滅したモデルです。

<試乗グレード>
ホンダ エリシオン VZ(5速AT)

画像1: www.favcars.com
www.favcars.com

ホンダのエリシオンは、ホンダの中でいろいろあるミニバンの中で、最上級の、言わばフラッグシップミニバンである。コンペティターは、トヨタのアルファードと日産エルグランドである。他の競合車と比べてどうなのか、じっくり検証してみることにしよう。

今回の試乗車は、3.0Lの最上級モデルである。エリシオンには2.4Lの直列4気筒エンジンと、今回試乗した3.0LのV型6気筒エンジンが用意されている。組み合わされるトランスミッションは、どちらも5速のATであり、この車は最近の車にしては珍しく、マニュアル風に使えるものがない。

画像2: www.favcars.com
www.favcars.com

この3.0Lエンジンには「可変シリンダーシステム」が採用された。高速走行などでそんなにたくさんのパワーが必要でないときは、片方の3気筒だけを働かせようというエンジンである。高速クルージングはそんなに大きなパワーが必要ないため効率的には非常にありがたいものである。この機構は、実はそんなに珍しいものではないのであるが、しかし、この車の機構は、気筒休止したかを感じさせず、滑らかになっていることには感心させられる。また、騒音もV6の3.0Lエンジンだけあって静かである。

乗り味は、やはりやわらかめの方向である。しかし、コンペティターのトヨタアルファードのように、どうにもフニャフニャして酔い気味になるような乗り味ではなかったのは好感が持てる。アルファードの場合は、ただやわらかいだけと言う印象が強かった。ブレーキの印象は、結構しっかり感があり、これはなかなかいいと感じた。

車のサイズは、相当大きいが、高いところに座ることにより、視界が広くてなかなか運転は思っているよりもしやすいことは驚かされる。一度、このような背が高くて視界が広い車に乗ると、これもいいものであると思ってしまう。

ただ、このクルマにはいくらか気になる点も少なくない。まずは、ATの出来だ。この車は、ここ最近の新型車にしては珍しく、ややATのショックが大きめに感じた。それと、図体が大きいから仕方ないと言えば仕方ないが、アクセルを結構踏んでやって、ATの自動変速を積極的にやらせないと、思ったように加速しない。値段は500万円近い値段をし、3.0LのV6エンジンを積んでいるため、もっとスムーズに走ってくれると期待をしていたにもかかわらず、そうでなかったのは残念であった。

さらに、今回の試乗したクルマの内装はグレージュと言う色である。なんとも、中途半端な色で、最初からシートが汚れているように見える内装色で、500万円に近い車としては大変、それ相応には見えないシートである。内装の全体に関してもまだ改良の余地がある印象がある。これくらいの高い車なら、もっと高級な印象でもいいのではないか。これなら、オデッセイと同じか、むしろオデッセイのほうが高級に見える印象さえある。この高級な印象づくりは、やはりトヨタや日産のほうが上手な印象がある。

画像3: www.favcars.com
www.favcars.com

This article is a sponsored article by
''.