画像: 【モトGP2019 アラゴンGP1日目】マルケスがトップタイムを記録

【モトGP2019 アラゴンGP1日目】マルケスがトップタイムを記録

レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスがFP2で転倒したにもかかわらず、2位より1秒以上早いトップタイムを記録。ホルヘ・ロレンソは20位。
マルク・マルケスは、FP1でモーターランド・アラゴンの記録をほぼ打ち破った。記録には0.2秒遅かったが、最も近いライダーより1.617秒のアドバンテージをとった。
午後からは、残り15分まではトップだったが、ターン8でクラッシュし、改善することができなかった。マルケスは、FP2でトップと0.190秒差の4位だったが、FP1のタイムがベストタイムだった。
チームメイトのホルヘ・ロレンソは、今日の2つのセッションで1秒以上改善し、20位で終えた。
マルク・マルケス
「今日はとても良いスタートをして、最後も本当にとても良い感じで終わった。午前中にタイムアタックをして、快適だと感じた。明日は雨の可能性があり、それがベストだと思った。本当に素晴らしいラップになった。午後からはユーズドタイヤで多く働いて、残念ながら小さな転倒をしたけれど、そのことから多くのことを学んだ。小さな転倒を除けば、すべてがうまくいっているし、まだ見つける時間がある。」
ホルヘ・ロレンソ
「今日は感覚に苦しんで、ミサノでの強いスタートの後、より競争力のあることを望んでいた。午後には少し改善できたけど、まだ差を縮めたい。残念ながら明日は雨が降りそう。バイクのセットアップの時間が少なくなるので、少し難しくなるけれど、ウェットで走ることになるだろう。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.