OZイタリア現地取材レポートの第7部は番外編のヴェネチア観光です。
OZさん手配の現地ガイドによるヴェネチアツアーではイタリアの歴史を深く知ることが出来ました。

サンマルコ広場

画像1: サンマルコ広場
画像2: サンマルコ広場

サンマルコ広場はドゥカーレ宮殿やサンマルコ寺院に囲まれたヴェネチアの中心的広場です。
世界で最も美しい広場と言われています。

サンマルコ寺院

ヴェネチアで最も有名な大聖堂です。
中は天井や壁が金や宝石で装飾され、当時のヴェネチアの繁栄を思わせる豪華絢爛な作りになっていました。

画像: サンマルコ寺院

鐘楼

画像: 鐘楼

ムーア人の時計台

青地に金色の星座表とローマ数字が刻まれた大時計。
屋上には大きな鐘があり、鐘が鳴る際はカラクリ式のムーア人像が打ち鳴らします。

画像1: ムーア人の時計台
画像2: ムーア人の時計台

翼のライオン

画像: サンマルコ広場の小広場には2本の柱があり、頂上にはヴェネチアシンボルである有翼ライオンの彫像があります。

サンマルコ広場の小広場には2本の柱があり、頂上にはヴェネチアシンボルである有翼ライオンの彫像があります。

画像: 中世の時代、この2本の柱の間に死刑執行台を設置した為、ヴェネチア人は柱の間を通り抜けないのだそうです。

中世の時代、この2本の柱の間に死刑執行台を設置した為、ヴェネチア人は柱の間を通り抜けないのだそうです。

ため息の橋

名前の由来は、囚人が投獄される前にこの橋からヴェネチアの景色を見てこの世に別れを告げてため息をついたことからだそうです。

画像: ため息の橋

ヴェネチア定番スポットを巡る

リアルト橋

ヴェネチアの大運河に架かる4本の橋の中で最古の橋、リアルト橋へ向かいます。

画像1: リアルト橋

橋の下を船が通れるよう太鼓橋の形となっており、ゴンドラが通る姿は絵になる光景です。

画像2: リアルト橋

リアルト橋からの眺めも素晴らしいですが、ゴンドラに乗ってリアルト橋を眺めるのもまた絶景です。

ゴンドラクルージング

ヴェネチアに来たら是非体験したいのがゴンドラクルーズです。

画像1: ゴンドラクルージング
画像2: ゴンドラクルージング
画像3: ゴンドラクルージング
画像4: ゴンドラクルージング

水上から眺めるヴェネチアの街並みは素晴らしいです。

ヴェネチア街歩き

ヴェネチアングラスの製造現場

画像1: ヴェネチアングラスの製造現場
画像2: ヴェネチアングラスの製造現場
画像3: ヴェネチアングラスの製造現場

街中にはヴェネチアングラスのお店がたくさん並びます。

画像: DFSの屋上からはヴェネチア市街を一望できます。運河沿いに並ぶ赤レンガの建物は異世界のように素晴らしい光景です。

DFSの屋上からはヴェネチア市街を一望できます。運河沿いに並ぶ赤レンガの建物は異世界のように素晴らしい光景です。

プンタ・デラ・ドガーナ

歴史的建造物である旧税関倉庫を改装した作られたモダンアート美術館に足を運びました。
リノベーションの際には建築家の安藤忠雄がデザインを担当しており、当時から残るレンガと打ちっぱなしのコンクリートがモダンアートと調和しています。
ゆったりとアートの世界を楽しむことが出来ました。

画像1: プンタ・デラ・ドガーナ
画像2: プンタ・デラ・ドガーナ
画像3: プンタ・デラ・ドガーナ
画像4: プンタ・デラ・ドガーナ
画像5: プンタ・デラ・ドガーナ

夜のサンマルコ広場

画像1: 夜のサンマルコ広場
画像2: 夜のサンマルコ広場

夜はサンマルコ広場がライトアップされ、昼間とは違った姿を楽しめます。
ヴェネチア観光は朝から夜まで丸1日大満喫してしまいました。
建物も運河も街も、どこを見ても何をしても絵になる楽しい、素敵な街でした。
こんなお楽しみ企画を組み込んで頂き、これ以上ない楽しい出張を満喫させて頂きました。

画像3: 夜のサンマルコ広場
画像4: 夜のサンマルコ広場
画像5: 夜のサンマルコ広場
画像6: 夜のサンマルコ広場
画像7: 夜のサンマルコ広場

次回はOZイタリア取材の番外編第2部として「ボローニャ訪問・OZスタッフとの交流」をお届けします。
第8部に続く。

This article is a sponsored article by
''.