画像: 【モトGP2019】マルク・マルケスと弟アレックスが故郷に凱旋

【モトGP2019】マルク・マルケスと弟アレックスが故郷に凱旋

ファンがレプソル・ホンダチームの故郷の通りを埋め尽くし、マルク・マルケスの8回目のタイトルと彼の弟アレックスが獲得したタイトルの両方を祝った。
伝統になったようなもので、マルク・マルケスは9日の土曜日に彼の故郷であるセルベラで8回目の世界選手権での勝利を分かち合い、何千人ものファンが再び町に殺到した。レプソル・ホンダチームのライダーは弟のアレックスと共に主役であり、二人はそれぞれモトGPとモト2の世界タイトルを祝った。
セルベラ大学で行われたプレスカンファレンスの後、マルケスのファンクラブがイベントのために準備した山車に乗りパレードを開始した。マルケスは家族と最も成功したもとGPのチームであるレプソル・ホンダチームの25周年の年に8回目の世界チャンピオンになるのを助けたチームメンバーも参加させた。
パーティー毎年のように終わり、ライダーがファンに呼びかけたステージに到着した。セルベラの最も有名な市民は、彼の成功が続く限り、故郷で変わらず人気がある。
マルク・マルケス
「セルベラでタイトルを祝うのはいつもすばらしいことで、今年は2019年の世界選手権で共に優勝した弟のアレックスと一緒にできることを楽しみにしていた。今までに獲得した8回の世界選手権は、僕が楽しんでいる大きな成果。2019年はモトGPでの最高の年で、自身のキャリアで繰り返すのがとても難しい完璧な年だった。これでも、最高の年に同じ方法で同じ目標をもって物事にアプローチする。勝つことがもっとモチベーションを与え、決して満足しない。まったく反対でいつももっと欲しくなる。全てのことを100%行い、それが家族、友人、そして最も重要なファンとここで新たなタイトルを祝うことになった。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.