画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「バレンシアでの我々の目標はトリプル・クラウン」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「バレンシアでの我々の目標はトリプル・クラウン」

レプソル・ホンダチームのマネージャ、アルベルト・プーチは、マレーシアでマルク・マルケスが2位を獲得し、単独シーズンでのポイント記録を達成したことを評価した。
マルク・マルケスは、マレーシアGPで驚異的なファーストラップで9つポジションを上げ、2位でフィニッシュした。2019年のチャンピオンは、15戦連続表彰台を獲得し、単独シーズンでのポイント記録も達成した。アルベルト・プーチは、最終戦バレンシアで3年連続チームタイトルを獲得するチャンスについて話した。
Q: 「マレーシアGPでの戦略は何でしたか?」
Puig: 「戦略は良いスタートをして、フロントグループにいること。マルクはQ2で激しいクラッシュをして、11位でスタートした後のスタートが重要だった。我々の目標は、いつものように、できる限り優勝または表彰台に向けて戦うこと。マルクはこれまでで最高のスタートをすることができて、驚異的なファーストラップをした。そしてビニャーレスを追いかけようとした。残念ながらミラーとの争いに時間を費やし、ビニャーレスとの差は少し大きくなりすぎた。計画では彼がフィリップアイランドでやったことを再現しようとすることだったけれど、レースはその準備ができていた。」
Q: 「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig: 「ポジティブな点は、表彰台を獲得して、チームタイトルでドゥカティとわずか2ポイント差であること。我々のバレンシアでの目標は、トリプル・クラウンを獲得することと、マルクがマレーシアですでに記録を更新した驚異的なシーズンを過ごすこと。残念ながら今週末のネガティブなことは、インドネシア人のAfridza Mundaneが悲しくも土曜日のタレントカップで亡くなったこと。彼は良きライダーで、すばらしい人物だった。彼の家族、友人、そしてアストラ・ホンダの皆さんと彼と会って仕事をした同僚に心から哀悼の意を表したい。」
Q: 「ピットウォールからの眺めは?」
Puig: 「日曜日はすばらしいショーはなかった。レースのスタートは、多くのオーバーテイクがあり良かった。とても興奮した。」
Q: 「公式コメント以外に何かあれば?」
Puig: 「我々にとってマレーシアGPは年々重要なGPになっている。アジアのマーケットは、とても重要で、ここには多くのホンダファンがいる。

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.