画像: 【モトGP2019 オーストラリアGP2日目】強風のため予選は中止

【モトGP2019 オーストラリアGP2日目】強風のため予選は中止

マルク・マルケスとホルヘ・ロレンソは、気象条件により2日目の練習走行が中断された。
FP3は強風と所々雨の場所がある中行われた。マルク・マルケスは7周を周回して2位、ホルヘ・ロレンソはラップを完了しなかった。チームからのデータとミゲル・オリベイラの激しい転倒があり、風の影響による中断の後、FP4はマルケスが1位、ロレンソが12位で終了した。
条件によって、日曜日のウオームアップセッションの後にQ1とQ2が行われ、17戦目のスターティンググリッドが決定する。
マルク・マルケス 6th 1’29.421
「個人的な意見だけど、とても危険で、風があり、このサーキットでの速度を考えるとそのようにかなり感じる。一人で乗っていて、風を感じられたけど、ザルコやオリベイラを抜いた時、もっとそれを感じるように思った。安全上の理由からキャンセルすることになった。予選でそれほど危険を冒す必要なない。乗ることができるまさに限界だったし、明日もある。ウオームアップ、予選、レースで忙しい一日になるけど、世界の終わりではない。」
ホルヘ・ロレンソ 16th 1’30.706
「今日は風がとても強い状態で、すでにFP3で少し危険だと感じた。FP4ではさらに悪化し、オリベイラのクラッシュがあり、ライダーとして一緒になって、練習を中止するのが最善の決定であることに同意した。特に風が突風で、風の状態は危険で予測不可能だった。明日は忙しい日になり、朝は晴れて暖かくなり、必要なことを行えるようになることを期待している。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.