画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「タイトルを獲得することは重要なことだけど、マルクが勝ちたがっているのも分かっていた」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「タイトルを獲得することは重要なことだけど、マルクが勝ちたがっているのも分かっていた」

レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プーチは、マルク・マルケスが安全にプレイせず、レースで勝つことを望んでいることを賞賛している。
マルク・マルケスはタイGPで6度目のモトGPタイトル獲得を宣言し、獲得したものの、最終コーナーまでレースでの勝利を追求した。アルベルト・プーチにとって、その野心はマルケスとレプソル・ホンダチームの両方の絶え間ない進歩が鍵であり、目標は残る4レースでダイナミクスを維持することである。
Q: 「タイGPでの戦略は何でしたか?」
Puig: 「マルクの戦略は、同じレースをすること。序盤で引き離し、誰が彼についてくるか見ること。クアルタラロが最後までついてくるのは明らかだった。彼はとても良いペースだったので。でもマルクは自分のカードをうまく使って、必要な時にホールドし、最終コーナーでエキサイティングな勝利を収めることができた。彼はとても賢く、前のレースと同じことをしようとして、クアルタラロに対しブレーキを遅らせ、内側のラインを奪った。完璧な操作だった。タイトルを獲得することが重要なことだけど、私たちはマルクが勝ちたがっていたことも分かっていた。それでマルクが勝利に飢えているので、最終的に戦略を変更した。
Q: 「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig: 「ポジティブな点は明らかで、タイトルを獲得したこと。私たちが再び世界チャンピオンになったので、このプロジェクトに関わるすべての人々は幸せ。ネガティブな点について話す日ではなく、マルクが達成したことについて話すだけでなく、この瞬間を楽しんでいる。
コンストラクターズとチームタイトルについては、まだ終わっていない。チームタイトルは、多くのポイントを獲得したけれど、まだ何が起こるか分からない。コンストラクターズ・タイトルは、より快適に見えるけれど、これは少しずつ遅くするという意味ではない。ロレンソもこれらのタイトルに助けになることを願っている。4レースが残っているので、戦略は勝ち、勝ち、勝ち、勝ち。これはこの目標を考えることにより、進歩し、集中し続けるためのベストな方法。マルクとホンダは、少なくても精神的にはつねにこの目標を達成しようとしている。もちろん、タイトルが決まっているので、週末ごとに少しリラックスした方法でアプローチできるけれど、レース毎に同じ目標を持っている。」
Q: 「レースのピットからの眺めは?」
Puig: 「ファビオ・クアルタラロは、マルクが直面する強力な対戦相手だったと言っても過言ではない。結局、レースは予想より少しタイトだったのは事実だけど、両ライダーが限界を理解していることが分かる。時々ライダーのグループには多くの混乱があるけど、ブリラムには亜バイクの限界を知っている2人の速いライダーがいた。最終コーナーでは、マルクは昨年のように遅くブレーキをかけた。操作がとても賢く、彼は危険にさらされていなかった。」
Q: 「ホンダはチャンピオンとしてもてぎに着きます。」
Puig: 「日本のホンダファンが、新しいチャンピオンを歓迎することは素晴らしいことだと思う。過去数年間、私たちはそこでタイトルを獲得しましたが、今回は反対の状態で日本に到着する。それはとても重要だと思う。ホンダの地元で祝います。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.