画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクにはアラゴンはオースティンやザクセンリンクと同じサーキットになったように見える」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクにはアラゴンはオースティンやザクセンリンクと同じサーキットになったように見える」

レプソル・ホンダチームのマネージャ、アルバルト・プーチは、マルク・マルケスが金曜日から見せたハイレベルを賞賛している。
マルク・マルケスは、アラゴンGPで主役だった。金曜日からリードし、土曜日はポールポジションを獲得、日曜日はレースで優勝した。アルベルト・プーチは、マルケスとバイクの間の関わり方を強調、オースティンやザクセンリンクなどのコースでのように、アラゴンで圧倒的であることを証明した。反対にホルヘ・ロレンソは、期待より厳しい週末を過ごした。
Q:「アラゴンGPでの戦略は?」
Puig:「戦略は、クレイジーな走り方をせずに速く走って差を安定させること。練習走行ではマルケスのペースと他のライダーのペースから、着実に差を伸ばすことができると思っていた。金曜日からマルクは速かったし、バイクは戦闘的だった。彼は週末ずっと止まらずにライディングに集中していた。特にマルクにとっては、アラゴンのように地元に近いコースで優勝したことにとても満足。
Q:「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig: 「明らかなポジティブな点は優勝したことと、それを達成した工程。マルクとホンダは勝利をコントロールできた。週末のレースを勝ち抜いたことはとても印象的で、とても満足している。
ネガティブな点は、ホルヘが我々のバイクで快適な時間を過ごせていないこと。我々はできる限り助けようとしている。彼は強いライダーだと知っているけれど、残念ながら期待しているほどになっていない。次戦に向けて違った解決策を探す必要がある。」
Q:「ピットウォールからの眺めは?」
Puig: 「率直に言って、リラックスしたレースで、戦闘はなかった。ある意味ではリラックスできるけど、観客にとってはまったく刺激的ではない。最後に25ポイントを獲得して、良い週末が終わった。」
Q:「公式コメント以外に何かあれば?」
Puig: 「マルクにはアラゴンがオースティンやザクセンリンクのようになってきたようにみえる。他のライダーより速いし、マルクとホンダのコンビが完璧に働いた。今は2019年のタイトル獲得の最初のチャンスを迎えるタイに向かう。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.