画像: 【モトGP2019 オーストリアGP1日目】マルケスが初日トップタイムを記録

【モトGP2019 オーストリアGP1日目】マルケスが初日トップタイムを記録

レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスが初日の練習走行でファステストを記録。ステファン・ブラドルは15位だった。
マルク・マルケスは、事実上初日の練習走行を支配し、1’24.218の2位でセッションを終了した。
FP2では、セッションの再び初めから抜けだし、オーストリアGP初日の最速ラップを記録した。
ステファン・ブラドルは、FP1で19位だったが、午後からは前進しFP2は15位で終了した。
マルク・マルケス
「今日は毎週の金曜日のように、レースの距離とタイヤとセットアップの状態を理解することに集中した。ブルーノやザクセンリンクでのように、2つの違うフレームで走っているけれど、どちらも良かった。これと共に、タイヤを理解するのに多くのことを行っている。一見すると他のライダーより多くの利点を持っているように見えるけど、ドビツィオーソも速いペースがあるし、ビニャーレスやクアルタラロもそんなに離れていない。明日グリップがどのように変わり、何が起こるか理解する必要がある。」
ステファン・ブラドル
「今日は多くのことを試して忙しい一日だった。しなければならないことのすべてで激しい一日だったけれど、ラップタイムには満足している。ポジションは理想的ではないけれど、前との差はほんの少し。明日はレースに集中し、セットアップを改善して速く走ることができるだろう。天気が良くなることを願っているし、何ができるか見てみたい。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.