画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルク・マルケスはトリッキーな状況にも集中を保てる。」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルク・マルケスはトリッキーな状況にも集中を保てる。」

アルベルト・プーチは、マルク・マルケスが全クラスでの勝利数がマイク・ヘイルウッドの記録76に並んだ歴史的な週末にレプソル・ホンダチームの2人のライダーの態度を賞賛した。
チェコGPの週末は、天候により厳しいレースになったが、レプソル・ホンダチームのライダーは、可能な限りベストな結果残すために調整した。マルク・マルケスは再度歴史を作り、総合順位でのリードを広げ、ステファン・ブラドルはチームにとってポジティブな仕事をしてポイントを獲得した。
Q: ブルーノでのレースの戦略は?
Puig: 「まず初めに、遅延は正しい選択だったと思うことを言いたい。安全上の理由で、オーガナイザーとレースディレクションは、ライダーの意見を聞き、状況を理解し、適切な決定を下すことができた。特にスタート、フィニッシュ、ストレートの周辺のエリアがまだ濡れていて、ターン1はとてもトリッキーだったので、戦略はもちろんオープニングラップに注意することだった。でもマルケスは、自分のペースを見つけてそれを維持することも重要だと思った。みんながタイヤの性能が落ちることは分かっていたから彼はコンディションを理解し、一貫性と重要性を保つことができた。彼は他のライダーのようにタイヤの性能が落ちてもペースを変えなかった。一貫性を保つことで、彼はトリッキーな状況に集中することができた。土曜日に雨が降った後、日曜日の朝に天気がどうなるか、設定をするのは少し難しく、ウオームアップからの感覚は理想的はなかった。いくつかの変更を加えることにした。サンティ・ヘルナンデスは何をする必要があるかを理解していた。彼はリスクを冒し、それが正しい決定であることが証明された。」
Q: ポジティブな点とネガティブな点は?
Puig: 「ブルーノではすべてがとてもポジティブだった。マルクが勝って、2位と63ポイント差になった。ステファンもとても良く頑張った。彼は主にテストライダーであることを覚えておく必要がある。ホルヘ・ロレンソの負傷により多くのレースを走っている。先週彼は鈴鹿8耐に参戦し、その後チェコGPに参戦したけれど、オーストリアでの次戦に備えている。その努力に満足し、感謝している。ここ数週間、私たちはとても忙しかったから。基本的にブルーノの週末はネガティブなものは何もなかった。」
Q: 「ブルーノでのテストはどうでしたか?オーストリアでHRCが期待できることは何ですか?」
Puig: 「月曜日のテスト中に多くのコンポーネントをテストすることができた。データを調査して、今後学習できることを確認している。オーストリアに関しては、過去我々にとって厳しいレースだった。今あるトップスピードがなかった。簡単だとは思っていないけど、以前ほど厳しいレースになるとは思っていない。」
Q: 「マルクがヘイルウッドに並んで、最高峰クラスで50勝を達成しました。」
Puig: 「これについて言うことはない。数字はそれ自体を物語っていると思う。重要な点はマルクがこれらの数値や記録に焦点を合わせていないこと。彼は毎日働いて、全てのレースで働いて、マイ種働いて、レースに勝とうとしている。選手権に勝とうとしている。彼は選手権や記録的な勝利について考えていなかった。可能な限り高速で、最高の結果を達成する。このアプローチは今のところマルクとレプソル・ホンダチームの多くの印象的な数字につながっている。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.