画像: 【モトGP2019 チェコテスト】マルケスは月曜日ブルーノのテストを最大限に活用

【モトGP2019 チェコテスト】マルケスは月曜日ブルーノのテストを最大限に活用

マルク・マルケスはレースを想定したワンデイ・テストで、ベストタイム1’56.237を記録し8位で終了した。
朝はクリアなスカイだったが、午後早くのにわか雨により、レース後のブルーノでのテストは走行時間が1時間ほど短縮された。日曜日の勝利はまだ新鮮で、マルク・マルケスは現地時間の11:00にテストを開始した直後にピットアウトした。
3台のバイクを乗り換えて、トータル70周を周回した。ベストタイムは1’56.237で全体の8位でテストを終了し、満足な進歩と知識を得た。
レプソル・ホンダチームは、マルク・マルケスとステファン・ブラドルが8月9日から11日に行われるオーストリアGPに向かっている。そこでは2019年の印象的なフォームを継続し、63ポイントのリードを守ることを目指している。
マルク・マルケス
「最終的には計画より多くの周回をした。でも、HRCが用意した多くのことやミシュランが持ってきたので、やるべきことが多くあった。バイクにはさまざまなものがあり、いくつかの新しいフレームと空力特性があった。それはすべてひじょうに興味深いもので、いくつかは次のレースやこの先のレースで助けてくれると思う。これは良いテストで、さらに多くのことを理解することができた。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.