画像: 【トライアル世界選手権2019 ベルギー】トニ・ボウが開幕5連勝。藤波は4位

【トライアル世界選手権2019 ベルギー】トニ・ボウが開幕5連勝。藤波は4位

レプソル・ホンダチームのトニ・ボウが、ベルギーで行われた第5戦で5勝目を獲得、藤波は1ポイント差の4位。
トニ・ボウは、ジェロニ・ファハルドと3ポイント差でゾーンを通過した1ラップでは2番手だったが、最後のゾーンで1位をとるために2ラップ目の転倒をリカバーすることができた。
藤波貴久は4位でフィニッシュ。3位とはわずか1ポイント差だった。
この結果、ボウは総合リードを19ポイント差にし、レースは3戦残っている。
トニ・ボウ
「タフなレースだった。失敗するのは簡単で、回復するのが難しかった。1ラップ目、先に素晴らしいレースをしたファハルドがいた。でも、2ラップ目で克服してプレッシャーに耐えることができた。素晴らしいファンの前で最後のエリアで勝つことができた。選手権を見据えて、前に進むステップを踏むのにとても重要だった。藤波も祝いたい。彼はゾーンを初めに行って、すばらしい仕事をした。」
藤波貴久
「今日は一生懸命頑張った。ゾーンのオープナーだったので、多くのライダーが多くのペナルティーを受けていることを知らなかったし、順位を知らなかった。2ラップ目ではできる限りプッシュして表彰台に近づいた。残念ながらオープナーだったけど、ライディングにとても満足している。僕だけでなく、チームのみんなにとって、暑さでたいへんだったので、彼ら全員に感謝したい。モチベーションは続いている。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.