画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクのレースは、ホルヘの転倒事故があってもなくてもうまくいったはず」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクのレースは、ホルヘの転倒事故があってもなくてもうまくいったはず」

レプソル・ホンダチームのチームマネージャー、アルベルト・プーチがマルク・マルケスが4勝目をあげ、ホルヘ・ロレンソが2周目に転倒したモトGP第7戦を分析した。
2019年のモトGPの3分の1を消化、マルク・マルケスは7戦で4勝と2回の2位で、2位に37ポイントのリードをしている。チームメイトのホルヘ・ロレンソは、各レースで継続的な進歩を遂げながら、ホンダへの適応の仕事を続けている。カタルニアでのレースの後、アルベルト・プーチが起こったことを評価した。
Q: 「カタルニアGPでの戦略は?」
Puig: 「戦略は良いペースを設定し、それを維持し、タイヤのパフォーマンスがどのようにラップタイムに影響を与えるかを見ることだった。マルクがこのタイヤをうまく選択したので、彼のレースは(ホルヘの)転送事故があってもなくてもうまくいったと思う。
ホルヘが転倒したのは、彼が今年初めて速く走っているのを見たので残念だった。でも彼はミスをした。カーブ10は、とてもタイトで、すべてのライダーが接近して最初のラップに入るのはとても難しい。彼は接触を避けられず、残念だった。ロッシ、ドビツィオーソ、ビニャーレスにも、彼らのチームにも申し訳なかった。これがレースだし、これらの状況は起こり得る。過去に僕ら全員に起こったこと。誰もがクラッシュは好きではない。」
Q: 「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig: 「ポジティブな点は優勝したこと。ネガティブな点は他のライダーと接触して転倒したこと。私たちはそれらのすべてに申し訳なく思っている。もう一つのポジティブな点は、月曜日のテストで新しいアイテムが試せたこと。私たちはいつも自分たちのバイクを開発することを考えている。」
Q: 「レースをどのように見ていましたか?」
Puig: 「私たちはホットなレースをしていた。タイヤの選択が難しかった。転倒事故が早かったので、レースをリードしながらマルクをフォローしていった。もちろん私たちはホルヘや他のライダーの体調にも注意を払っている。」
Q: 「公式の声明以外に何かあれば?」
Puig: 「テレビでレース中にインタビューを受けたとき、ホルヘはすぐに謝罪した。彼は彼らに申し訳なく感じていて、レース終了後ヤマハとドゥカティのピットに個人的に謝罪に行った。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.