画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクは選手権でアドバンテージを広げた」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクは選手権でアドバンテージを広げた」

第6戦イタリアGPを終えて、アルベルト・プーチは、マルク・マルケスが違った週末でシリーズをまとめてリードを固める努力とホルヘ・ロレンソのモチベーションを認めている。
イタリアGPはレプソル・ホンダチームにとって厳しいラウンドだった。しかし、マルク・マルケスは2位に入り、選手権のリードを増やしてレースを去った。彼にとって有利ではないコースの1つで、マルケスは最終ラップまで優勝を目指して、総合順位で直接のライバルより前でフィニッシュし、4ポイント差を広げた。
ホルヘ・ロレンソにとっては、ホンダに適応するのに厳しい週末になった。新しい解決策を求めて、今週日本に行くことが決まった。
Q:「ムジェロでの戦略は何でしたか?」
Puig:「マルクには少し制限があり、いくつかの洗濯をしなければならなかった。彼は多くの理由、体調のせいで他のサーキットほど快適ではなかった。あまりプッシュすることができず、いつものように攻撃することができなかった。でも最後にドゥカティのライダーの前で2位を獲得し、いくつかのポイントを獲得したことはポジティブだった。」
Q:「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig:「マルクは選手権でさらに4ポイント差をつけることになったので、私たちが進歩していることを意味している。今週末、彼は100%の体力ではなかったので、状況を克服するために大きな努力をした。彼の努力に感謝するよ。ネガティブな点は、ホルヘがまだ苦労しているということ。彼はバイクとの妥協点を見つける必要があり、働き続ける必要がある。集中し続け、モチベーションが残っていることは重要なこと。ドゥカティのトラックで私たちのマシンに加えられた改良をチェックすることも重要だった。このトラックはすべて最高速度とパワーについてのサーキット。」
Q:「レース中ピットウオールからの眺めは?」
Puig:「フロントグループの多くのライダーにとって素晴らしいレースだった。そして私たちはそれが最終ラップまで続くだろうと分かっていた。いくつかの強い動きがあった。」
Q;:「公式コメント以外に裏話があれば?」
Puig:「私たちは日本へ行くことを企画することによって、ホルヘの人間工学的問題を改善することにトライすることを決めた。エンジニアと直接話をして、抱えている問題をより深く分析し、彼がより良いポジションに入ることを試みようとすることは良い考えだと思った。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.