画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「タイヤが摩耗し始めた時、マルクはペースを維持することができたが、他のライダーはできなかった。」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「タイヤが摩耗し始めた時、マルクはペースを維持することができたが、他のライダーはできなかった。」

レプソル・ホンダチームのチームマネージャー、アルベルト・プーチは、ホルヘ・ロレンソがバイクに慣れていなかったスペインGPでのマルク・マルケスのタイヤの管理について強調する。
シーズン4戦目のモトGPは、ヨーロッパに到着。ヨーロッパの最初に止まったのはカレンダーの中で最も象徴的なサーキットの1つであるヘレス・サーキットで、先週の日曜日にマルク・マルケスがシーズン2勝目をあげた。その反対側のピットでは、アルベルト・プーチとレプソル・ホンダチームは、ホルヘ・ロレンソがより速くなることを可能にする感覚を見つけるためにまだ働いている。
Q: 「日曜日のレースでの戦略は何でしたか?」
Puig: 「ヘレスでは1周で逃げることはできない。マルクがしたように少しずつそれをしなければならない。コンマ何秒ずつ彼は冷静にギャップを広げようとした。彼は快適に感じるのを待っていた。そしてタイヤが消耗し始めた時、マルクはペースを維持することができたけど、他のライダーはできなかった。残念ながらホルヘはまだバイクで完璧さを感じていない。我々は彼が速く走るのに必要なものを見つけるのを待っている。彼の戦略はうまくいき始めて、先をリードする他のライダーと戦うことだったが、これを行うことができず、レースの結果に不満を抱いていた。」
Q: 「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig: 「ポジティブな点は勝ったこと。マルクとホンダはライダーとコンストラクターで再びトップに立ったし、マルクはRC213Vで快適さを感じている。ネガティブな点はホルヘが我々が好むようなポジションではないこと。今はヨーロッパでレースが始まり、ル・マンのように寒くて通常雨が降るところで気象条件が複雑な時がある。」
Q: 「レース中のピット・ウォールからの眺めはどうでしたか?」
Puig: 「ヘレスが我々が穏やかに革新的に働かなければならないコースであることを知っていたし、マルクは穏やかだった。」
Q: 「公式のコメントとは別に裏話があれば?」
Puig: 「明確なことは、前戦で差を縮めてきている新しい世代がいること。ヘレスではこれの例だった。レースはとても競争が激しく、我々は慎重にならなければならず、週末ごとに最大限の得点を得ようとしている。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.