画像: 【モトGP2019 スペインGP直前】マルケスとロレンソが今年最初の地元レースに挑む

【モトGP2019 スペインGP直前】マルケスとロレンソが今年最初の地元レースに挑む

レプソル・ホンダチームのライダーは、今週末、今年最初のスペインでのGPで地元ファンの前でレースを行う。
1年前、マルク・マルケスは、ヘレスで7年連続表彰台(2012年から)を獲得し、2回目の優勝を達成した。アメリカでの前戦でポイントを獲得できなかったが、総合順位で9ポイント差で第4戦を迎える。
ホルヘ・ロレンソは、アンダルシアのコースで10回の表彰台を獲得している。そのうち5回の優勝(250ccで2回、モトGPで3回)、さらに7回のポールポジション(250ccで2回、モトGPで5回)を獲得している。5月4日土曜日、2002年にデビューを果たしたサーキットでロレンソは32歳の誕生日を迎える。
マルク・マルケス
「ヘレスはヨーロッパで最初のレースで、スペインのファンから多くのサポートを得るので、いつも特別なレース。もちろん、いつもの週末と同じように、選手権がどれだけタイトでも、コースに出たら最大限の努力をしなければならない。アメリカとこことの間の時間は、いつも以上に長く感じた。バイクに戻ることを楽しみにしている。」
ホルヘ・ロレンソ
「シーズンの初めからこのレースに集中してきた。限られたテストだけでは、オープニングラウンドがラフになることは分かっていた。ヘレスはお気に入りのサーキットの1つ。路面は普段かなりグリップがあり、今までのコースとは違って、僕のスタイルに良く合っている。開幕戦で多くのことを学んだ後、レプソル・ホンダチームで良い結果を達成できると確信している。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.