画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクのギャップは本当に大きく、これがさらなるモチベーションになった」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ「マルクのギャップは本当に大きく、これがさらなるモチベーションになった」

アルゼンチンGPはマルク・マルケスが今シーズン初優勝を飾り、ホルヘ・ロレンソは12位で終了した。
レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プーチは指揮して2年目のスタートを分析する。2レースが終わり、マルク・マルケスが開幕戦カタールで2位、2戦目アルゼンチンで優勝し、モトGPをリードしている。もう一方のボックス、ホルヘ・ロレンソはホンダに対応することとケガから回復することを続けている。アルゼンチンでの彼の結果は、スタート時の問題によって遅れることになった。
Q;「どんなアルゼンチンGPでの戦略でしたか?」
Puig;「この週末は私たちが望んでいたとおりでした。実際にマルクの差は本当に大きく、さらなるモチベーションになりました。25ポイントは10秒差でも2秒差でも同じであることは分かっていますが、目標は25ポイントを獲ることでした。マルクの戦略はスタートを強く、その後引き離すというものでした。幸い彼の前には誰もいなかったので、計画通りに進めることができました。彼は最初のターンから明らかに速かった。ホルヘのプランは、序盤で良いスタートをして、彼の長所である1ラップ目を生かして、彼のペースに落ち着くようにすることでしたが、問題がありレースを台無しにしてしまいました。」
Q;「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig;「ポジティブな点は優勝したこと。ネガティブな点はスタートでロレンソに起こった問題で不利な立場に追い込まれたことです。」
Q:「レースの間ピットウォールからの眺めはどうでしたか?」
Puig:「マルクがリードをしていて、グループで争っていた時よりもリラックスしていました。」
Q:「2レースが終わってバランスはどうですか?」
Puig:「昨年ここでは0ポイントだったけど、今年は25ポイント。他のライバルのように自分たちのカードでプレーしているから、バランスは良いです。ホルヘの場合は、シーズンの序盤は簡単ではないだろうと理解していますが、このバイクに慣れるようになったらまたトップの位置で争えることを期待しています。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.