画像: 【モトGP2019】アルベルト・プーチ(レプソル・ホンダチーム・マネージャー)「今年のバイクの改良は、最初の目標だった。」

【モトGP2019】アルベルト・プーチ(レプソル・ホンダチーム・マネージャー)「今年のバイクの改良は、最初の目標だった。」

レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プーチがマルク・マルケスが2位、ホルヘ・ロレンソがチームデビューを果たしたシーズン開幕戦を分析。
Q:「カタールGPでの戦略は何でしたか?」
Puig:「戦略はマルクは序盤から先頭集団にとどまることだった。マルクは良い感触に見えたし、優勝目指して争っていた。彼はそれに挑戦していて、それは将来的にとてもポジティブだった。ホルヘは土曜日に2回クラッシュした後もまだ少しダメージを受けていたので、彼の戦略は最大限のポイントを獲得することだった。」
Q:「ポジティブな点と、ネガティブな点は?」
Puig:「シーズンをポジティブなスタートができた。まず第一に私たちは今年のバイクを改良した。それは選手権の始まる前の最初のゴールだった。2位発進のマルクは、冬を違った形で過ごした後の素晴らしい結果だった。残念ながらホルヘは土曜日に大きなクラッシュをして、日曜日は多くのことに苦しんだ。彼も冬を手術をしてセパンでのテストをしないで冬の時間を過ごしたので、私たちは彼はすぐに回復することを願っている。」
Q:「レースの間、ピット内はどうでしたか?」
Puig:「今年の最初のレースは、いつもナーバスになっている。マルクとドビの間の終盤は、楽しい時間を過ごした。みんながこの新しい争いを楽しんだと思う。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.