高級ミニバンというカテゴリーを築いたのは「アルファード」…と思われがちですが、実は最初に提案・成功させたのは初代の「エルグランド」でした。満を持して2代目が登場したものの、ライバルのアルファードの勢いに負けてしまい、今日のような状況になってしまいました。しかし、2代目はプレミアムミニバンとして魅力的な1台でもありました。

<試乗グレード>
日産 エルグランド V6 3.5L ハイウェイスター(5速AT)

画像1: www.favcars.com
www.favcars.com

エルグランドは、初代が1997年に登場し、「高級ミニバン」の火付け役となった車である。2世代目が2002年に登場した。実は、初代は「高級ミニバン」としては、エルグランドの一人勝ちだったのであるが、2世代目には強力なコンペティターとして、トヨタのアルファードという車が登場してきた。さて、アルファードと比べてどうなのか、また、最近、ホンダから登場してきたエリシオンと比べてどうなのか検証してみることにしよう。ちなみに、今回試乗したのはマイナーチェンジを施された、後期型のものである。

まず、乗ってみての第一印象はミニバンは皆、着座位置がこれだけ高いから、非常に見晴らしや視界はいいということだ。さて、実際に走ってみることにしよう。ハイウェイスターはスポーティーにまとった車であるので、乗り味が硬いのではないだろうかと心配をしていたが、非常にいい乗り味で、最近の日産の乗り味は大変いいことに感心させられる。アルファードのフニャフニャした、ただやわらかいだけのサスペンションよりもずっと評価できる。

画像2: www.favcars.com
www.favcars.com

エンジンは日産お得意のVQ3.5Lでこんな大きな巨体を走らせるのに、不足は全くなく、その重さをまるで感じさせないのはたいしたものである。5速のATの出来も非常によく、ショックはほとんど感じさせない。また、競合車にはない、ATをマニュアル風に使えるという親切心もこの車にはある。ただ、ミニバンであるので、走りを積極的にと言うものではなくて、エンジンブレーキを多様に使えるように、このマニュアル風を使うことがメインとなるだろう。

全幅は1815mmである(ハイウェイスター以外は1790mm)。数値だけを聞くと、ずいぶん幅広な印象があるが、実はアルファードやエリシオンよりも幅は狭い。視界は良いため、思ったよりもずっと運転はしやすいものである。

エルグランドはマイナーチェンジでなかなか魅力的な点が増えている。驚いたのは、ナビゲーションのモニターの大きさである。市販車では一番大きいディスプレイのサイズではないだろうか。これは良いと感じたのは、日産がここ最近、積極的に採用している、ドアミラーに付けたカメラである。このカメラのおかげで、非常に幅寄せはしやすく、安心感の高いものである。他のメーカーも採用すればいいと思うが、まだ日産だけが積極的に採用しているだけだ。さらに、ドアミラーにターニングシグナルを備えているのも安全に関してはいいものである。

マイナーチェンジで、内装も日産らしく、ティアナ風の高級感の演出に変わってきて、これも悪くないだろう。内装の出来は、競合と比較しても高級感の演出は負けていない。ただ、注文をつけたいところもある。それは、2列目の窓が下がらないことだ。コンペティターのアルファードやエリシオンはスライドドアでもちゃんと窓が下がり、普通の車のように換気が出来るが、このエルグランドは押し開け式でしかない。これは、ぜひ他の車のように窓を開けてもらいたいものである。ただ、3列目のフリップアップというが、押し開け式の窓は、たいていが手動を採用しているところ、このエルグランドは電動式になっている点は評価できる。あとは、2列目の窓をなんとかしてもらいたい。

画像3: www.favcars.com
www.favcars.com

今回の試乗は、これで終わりではなく、後席はどうなのか、乗ってみることにしよう。まずは、2列目であるが、ここに座るとなると非常に気持ちよくいいものである。大きなアームレスト、また、テレビを見ることができ(オプション)、足が届かないほど足元スペースは広い。乗り味は、やはり2列目席が一番ゆれることなく快適であった。3列目にも少し乗ったが、まぁまぁ我慢は出来るものであった。しかし、やはり2列目が一番この車ではいいだろう。でも、このクルマはアルファードやエリシオンよりもドライバーとしても決して嫌にならないクルマではある。

今回で、高級ミニバンの強豪を3台乗ったわけだが、私個人的には、エルグランド、エリシオン、アルファードの順であると感じた。実は、今までエルグランドは3.5LのV6エンジンしか搭載していなかった。そのため価格も高く、実は2.4Lを持っている競合のアルファードやエリシオンよりも販売面では落ち込んでいた。しかし、2.5LのV6エンジンが追加されたことで、価格も下がりエルグランドの巻き返しが出来るかどうかこれからが楽しみである。このエルグランドの2.5Lの一番の注目は、アルファードやエリシオンは直列4気筒の2.4Lエンジンを搭載しているのに対して、エルグランドではV型6気筒エンジンの2.5Lを搭載しているところにある。

ただ、個人的に、セレナサイズでこれくらい高級なミニバンがあってもいいとは感じる。5ナンバー枠のミニバンとなると、とたんに安っぽい印象になるのが残念であるので、5ナンバー枠のエルグランドがあっても良いと感じる。

画像4: www.favcars.com
www.favcars.com

This article is a sponsored article by
''.