画像: 【モトGP マレーシア・テスト1日目】マルケスがファステスト・ラップを記録

【モトGP マレーシア・テスト1日目】マルケスがファステスト・ラップを記録

量より質を重視して、マルク・マルケスはすぐに一日のうちの最も早い時間にセパンでスピードを取り戻した。セパン国際サーキットでコースはドライで始まった。コースのコンディションが良かったので、マルケスはホンダRC213Vの2019年に新しい部品を追加し、修正をし、左肩の状態を評価した。
現地時間14;00前にしか乗らなかったにもかかわらず、マルケスは1’59.621を記録し、タイムシートのトップに浮上した。早く終わってマルケスは左肩の治療を受けて、2日目に向けて休むことができた。最終的にマルケスは、2位のリンスと0.259秒差でファステスト・ライダーとして初日を終えた。
マルク・マルケス 1位 1’59.621
「長い冬を経て、また走れたことがとてもうれしいけど、自身の状態がもっと良いことを期待していた。まだフルパワーではない。1・2ラップは良かったけど、パワーを補うのにライディング・スタイルを変えなければならなかった。テストの残りのためにセーブして早く止めた。まだ二日あるし、どんな感覚が見てみる。ホンダはこの冬本当に良く働いて、僕らはいくつか新しい事を試したけど、項目が本当に多い。初めに最も重要なことから試している。バイクはすでに良いレベルにあるけど、カタールの前にもっと試したいことがある。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.