レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスが回復を続け、2019年初めての公式テストの数日前にバイクに乗った。

2018年から2019年の冬はマルケスにとって不規則だった。12月と1月にダート・トラックやモトクロスでトレーニングをしてバイクに慣らしていたが、今回は左肩を手術したのでそれができなかった。

11月29日、ヘレスで最後の2018年のテストを終えホンダRC213Vを降りて、12月4日に左肩のケガの再発を治す手術をした。その時以来マルケスは回復に努めることに集中した。2ヶ月後の先日の火曜日に、2019年の最初のテストが2月6日にマレーシア・セパン・サーキットで行われるのを前に、アルカラス・サーキットでバイクに乗った。

マルク・マルケス
「初乗りだった。普通のライダーはマレーシアへのフライト中の14時間で落ち着く必要があり、僕はまたバイクに乗ったことが分かることになるだろう。僕らはどこがまだ傷むか見るのに数周走って、これでテストの前に残っている今週は物理的に働くことができる。予想していた通りに進んだ。ブレーキでの力、特に左コーナーでの力が足りなかった。肩を使う時が改善を進めていかなくてはならない所。全力で3月に辿り着くよう、マレーシアでは我慢が必要になるだろう。」

This article is a sponsored article by
''.