画像: 【モトGP2019】マルケスとロレンソがレプソル・ホンダチームの25周年を発足

【モトGP2019】マルケスとロレンソがレプソル・ホンダチームの25周年を発足

来たるシーズンに向けて2019年のライダー・ラインナップがレプソルのマドリッドの本部で公開された。
マルク・マルケスとホルヘ・ロレンソが23日の水曜日にチームメイトとして共に公式イベントに参加した。ここ9シーズンのうち8シーズンでモトGPで優勝したライダー達は、レプソル・ホンダチーム25周年記念式典のスタートと同時に、とても特別なプレゼンテーションの主役になった。イベントには、1995年に最初のラインナップだった二人のレジェンド、ミック・ドゥーハンとアレックス・クリビーレも参加した。
過去と現在を代表するドゥーハン、クリビーレ、マルケス、ロレンソは、スペイン、イタリア、イギリス、ドイツ、フランス、ポルトガルのような多くの国から150人以上のジャーナリストの前で、最初のホンダNSR500と現在のRC213Vでバーチャル・レースで競った。
レプソルとホンダは、モトGPの歴史の中で最も成功した同盟関係で、401レース、168勝、14回の世界チャンピオン、427表彰台、182のファステスト・ラップ、177のポールポジションを獲得している。このコラボレーションは、埼玉にあるホンダの研究センターと、モストレス(スペイン)にあるレプソル・テクノロジーセンターとの間に密接な関係があるため、成功と技術革新の代名詞となった。チームはミック・ドゥーハンの4回のタイトルに続き、スペイン人ライダー初の500ccチャンピオン、アレックス・クリビーレ、最年少のモトGPチャンピオン、マルク・マルケスと共に史上最高の勝利を収めた。
【レプソル スポーツ・スポンサーシップ50年】
2019年はまた、レプソルがスポーツ・スポンサーを始めて50周年を迎える。1969年にレプソルはスペインで初めてモータースポーツ競技でロゴを表示した会社になった。それは1971年にすでに彼のバイクのフェアリングにRを着けていたアンヘル・ニエトの時代で、その後、カルロス・サインツのラリー選手権、ペドロ・デ・ラ・ロサのフォーミュラ1、ダカールのナニ・ロマとマルク・コマ、トニ・ボウの24回の世界タイトルなど、パートナーシップにより多くの成功を収めた。
長年に渡り、エネルギー会社はチーム、ライダー、競技を後押しし、常に草の根レベルからモータースポーツをサポートしながら、事実上あらゆる分野とカテゴリーに存在してきた。
同社の関与はスポーツだけではなく、テクノロジーセンターの研究者たちは90年代半ばから最高の燃料と潤滑油の精製に取り組んできた。2018年に彼らは競技プログラムに約10,000時間を費やした。今シーズン、レプソル・ホンダチームに6,000リットルの潤滑油と約4万リットルの燃料が製造された。競争が激しいが極端な条件下でも、後で顧客に提供される製品を進化させることができる。
マルク・マルケス
「レプソル・ホンダチームという家族の一員になることは名誉なこと。僕が小さい頃家のソファーでレースを見て、このカラーを着てここにいたいと思った。レプソルとコラボを始めて、スペイン選手権でサポートを受け、その後選手権で一緒に働けることは光栄。そして今僕はここにいる。レプソルとホンダがもっと多くのタイトルをとることに協力し、彼らの歴史をさらに成功させる。それが僕をとても幸せにする。モト2にいた時、僕はレプソル・ホンダに乗りたいと思い、モトGPタイトルを獲得したいと思った。それだからジャーナリストが僕にもしチームを変えるならと尋ねると思う。「僕がすでに素晴らしいチームの一員であるならば、なぜ変わるだろうか?」ここでは僕らは家族で、レプソルとホンダとの関係は素晴らしく、これは年々目的を達成するのにとても重要なこと。2019年の終わりには一緒に素晴らしい何かを祝うことができることを願っている。」
ホルヘ・ロレンソ
「レプソル・ホンダチームはあらゆる面でレベルにあると僕の周りの多くの人が僕が言っていたことを聞いて、バレンシアでのテストでそれが分かった。全てのライダーがこのチームの一員になることを夢見ている。自身にとても要求し、いつもどんな状況でもベストを尽くそうとしている。良い結果で信頼してくれているチームに恩返ししたい。レプソル・ホンダチームという多くの勝利と歴史を持つチームに所属していることを誇りに思う。チームはここに来て最初の日から暖かく歓迎してくれた。2019年の目的は、まず初めに100%回復し、人々が話しているドリームチームであることをコースで実証できるようにすること。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.