東京オートサロンの魅力はなんといっても、個性豊かなカスタムカーたち。
各ショップが自由な発想でデザインし作製されたカスタムカーに来場者の視線も釘づけとなっていました。
スーパースポーツや超高級車はもちろん、ワンボックスや軽カーも大人気でした。

今回特に目立っていたのは、ザ・ジャパニーズ スモール 4WD 新型「スズキ ジムニー」を筆頭に、軽自動車をベースとしたカスタムカーの数々。
ベースとなるクルマの特長を生かしたアイディアが満載で、来場者を楽しませていました。

画像1: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像2: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

T車の元祖4WD風カスタマイズの他、某英国4WD風、某独逸4WD風にカスタマイズされたジムニー。
質実剛健なスクウェアなボディが特徴のこれらの名車をオマージュするのは、もはや既定路線でしょうか。
カスタマイズ クオリティーも相当高い!これはアリですね!

画像3: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

軽キャンパーにカスタマイズされたスズキ エブリィ バン。
軽とは思えない広々室内、充実装備でオートキャンプも気軽に楽しめます。

注目を集めるといえば、やはりスーパースポーツ&超高級車のカスタマイズカー。
1台数千万円もする車両を惜しげもなくカスタマイズし、時に常人には理解不能なド派手なものもありますが、こうした非日常を味わえるのもオートサロンならでは!

画像8: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像9: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像11: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像12: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像13: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

一方、オートサロンといえば”走りのチューニングカー”が象徴的存在だったと思いますが、以前と比べ少なくなったように感じます。
カスタムカーの楽しみ方も多様化しているので自然の流れかもしれませんが、シンプルで走りが楽しく、若者でも買いやすく、ハイパワーチューニングにも耐えられるようなベース車両が激減したのも原因かもしれません。新世代のスポーツモデルがもっと盛り上がるのを期待したいです。

画像15: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像16: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像18: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像19: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

ハイエース系もまだまだ人気のカテゴリーですね。

シエンタのカスタマイズカーは珍しい。素材としてとても良いように感じますので、もっと盛り上がってほしい。

画像24: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像25: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

メーカー系のチューナーカスタマイズは流石にクオリティが高い。

画像26: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

自動車学校系の出展も増え、毎回自由な発想で楽しいカスタマイズを披露してます。
紹介してくれる学生たちも、初々しくも”自動車好き!”というマインドに溢れてました。

画像32: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像33: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

懐かしい三菱FTOベースにエンジン換装4WD化した車両や、マツダRX-8ベースをベースにRX-VISION風にカスタマイズした車両、ホンダビートを幻のラリーカー トヨタ222D風にカスタマイズした車両など、思わずニンマリしてしまいます。

トヨタ86をランボルギーニ ウルス風ピックアップなんて無茶なカスタマイズも!

画像37: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~
画像38: 東京オートサロン2019 レポート3~カスタムカー~

若い感性で作り上げた車両が多く展示されていました。

他にもレストア系やイタ車系など様々なジャンルがありました。

こちらもご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.