現代では一気に人気が落ちてしまった、背低ミニバン。イプサムも、プレサージュも、そして今回紹介するグランディスもすべて廃盤になってしまい、リーダーを走っていたオデッセイも今はコンセプトが変わりました。三菱のミニバンの出来はどんなものだったのでしょうか。

<試乗グレード>
三菱 グランディス スポーツ(4速AT)

画像1: www.favcars.com
www.favcars.com

このクラスのミニバンといえば、ホンダのオデッセイ、トヨタのイプサム、日産のプレサージュ、マツダのMPVとたくさん強豪がいる中で、今回のグランディスはどうか。試乗したのは、スポーツというグレードではあるが、その名前は見た目だけであり、乗り味がスポーツだとか、エンジンをチューニングしているとかではない。

さて、実際に走り出してみると、ややエンジン音が大きい印象がある。カラカラするような音がしており、直噴エンジンではないのだがちょっと騒音は気になった。組み合わされるトランスミッションは4速のATで、これももうそろそろ5速のATもしくはCTVになって欲しい印象である。正直走ってみた印象は、特にどうということもなくごく普通。どこが悪いこともないし、どこが良いと言うところもない。変速ショックも大きいわけではないがショックがないこともない。マニュアル風に使えるモードもついているのだが、4速ではあまりこのありがたみを感じることが出来ない。なんか、見た目は新しくても、中身が非常に古臭い印象が強い。

視界は、なかなか広くて気持ちの良いものであるが、ボンネットの先端はまるっきり見えない。この手のミニバンはみんなそうであるが、このクルマも他のミニバン同様、先端見切りの悪い車である。もっと、なにか良い方法を見つけないのであろうか。

画像2: www.favcars.com
www.favcars.com

乗り味は、もう少しショックの吸収をうまくしてもらいたいし、凹凸をもう少し感じさせないようなものにして欲しい。もっと乗り味は上質なものにしてもらいたい。上質な印象というものを、見た目だけではなく乗り味や走り味にも反映させてもらいたいと感じる。

このクラスのミニバンは、MPV以外すべて乗ったが、正直なところ、日産のプレサージュも、三菱のグランディスも同じような印象であまり面白みがない。何か、良い点はあるかというとない。ただ、日産プレサージュはスライドドアやガラスハッチなどユーティリティの面でややグランディスより一歩進んでいる印象はある。イプサムはグランディスやプレサージュよりもやや魅力に思える点はあるが、やはり、ずば抜けて、今、このLクラスミニバンで一番良いと感じるのはホンダのオデッセイである。これは、内装のつくり、ユーティリティ、走り味、乗り味、メカニズムのどれをとっても、他の同クラスミニバンよりもはるかに良い印象であるし、上出来なものである。

とにかく、そんなに値段も安くないわけであるし、もう少しグランディスには頑張ってもらいたいところはたくさんある。もっとも、今は三菱は経営が大変な状況であるから、難しいかもしれないが、商品が魅力的ならばお客も戻ってくる、もしくは新たなお客が来るかもしれない。コルトなどは大変出来が良いのだから、グランディスももっと魅力的なクルマになることが必須だろう。どうも、デザインばかりがすごくて、中身が大したことないというのにはがっかりした。

画像3: www.favcars.com
www.favcars.com

This article is a sponsored article by
''.